« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

久美浜 20090629

ということで、なにげに京都です。おおきに。
 
天橋立ぐらいまで行きたかったんやけどなぁ〜。
 
明後日ぐらい、一度帰宅します
電車で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

84日鳥取市 20090627

鳥取・琴浦町 → 鳥取・鳥取市
103km

6:00起床。暑くて寝てられないですね
鳥取県東伯郡琴浦町のポート赤碕という
道の駅です。
Img_5743_r
清掃の方なんかが早くに来ていて、コンセント
奪取作戦に失敗
その辺で、パソコンをいじります。
7:30出発


30分ほどで、東伯郡北栄町に到着。
ここは名探偵コナンの銅像があります。
鳥取県はマンガの銅像で押すようですね。
Img_5750_r
「哀ちゃん」

さて、ここからはちょっと山あいの倉吉市
目指します。
10kmほどで到着。
白壁土蔵郡なんかがあります。
Img_5759_r
でも、先を急ぎます
といいつつ、20世紀梨記念館
Img_5766_r

7kmほどで三朝(みささ)温泉
これも見ただけで引き返し北上します。
ちなみに北上するなら、三朝温泉の入り口が北にもあった
模様。
知らなくって引き返して5kmほどロスしました

Img_5778_r
目指す先「三徳山三佛寺 投入堂」です。

知らなかったんですが、結構登山道らしい。
ので急いで来たのです

12:10ぐらいに到着。
最後は自転車を押しましたよ
Img_5779_r
石段を上り、入園料を払い本殿は改装中で仮本殿で
お参り。これはいいのです

目指すはその先の国宝「投入堂」
して「1人では入山できません!!いつものです。

去年、山岳事故で亡くなった方がいてて、規制が厳しく
なったそうです
まぁ、後から来る人に同乗すればOKです
加西市と四条畷市の多分カップルの方にお願いして
後ろを歩かせてもらうことに

関西人同士で話も合うし、いい雰囲気のお二人なので気楽で
楽しかったです
登山道はかなり険しいです。
Img_5798
ずっと崖を歩く感じですね
人が亡くなったというのも頷けます
Img_5786_r
50分ほどかけて到着です
Img_5793_r

混雑がなければ30分ほどだと思います。

お堂と崖が一体化して、厳しさと優し
さを備えたたたずまいです

下山して、お礼を言ってお二人とお別れします。
ありがとうございました~助かりました。

急いで坂を下り、再び三朝温泉へ。
Img_5774
河原のお湯です。見えまくり。
時間もないので、汗だけ流します。
が、地元の人と話し込んだりして
漁業、農業以外の産業があるのかと聞くと
人がいてないのに産業なんてない、と言われます。
確かに人口の一番すくない県で、世田谷区よりも少ないそう。
頷けるかも。

16:50鳥取市へ向かいます
途中、マウンテンバイクの高校生ぐらいの3人組に遭遇
見覚えのある自転車だったので「三徳山のお寺にいたよね?」
と訊ねるとビンゴです

しかし、空身の3人を、荷物4つをつけた自転車で抜いた
のは気分がよかった
わたし、まだまだ若いです。
これから24歳で公表しときます。
Img_5813_r

もう暗くなり20:15ぐらいに柳茶屋というキャンプ場に
到着。
土曜日で有名な無料キャンプ場ということもあって
わたしと同世代ぐらいのの若者が数グループ騒いでます
23:30ぐらいまで音楽をかけて、ゲームをしていて
正直、うるさかったですね。

Gショックが完全に壊れた
Img_5817_r
どんな過酷な旅なんでしょう?

明日の予定

砂丘を見て、近畿に入ります。
と書いてる今は香美町の旅館です。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (4)

鳥取砂丘 20090628

温度31度です。
走れませーん
パソコンのバッテリーもない故、寝ます。
 
今日はきっと香住まで。近畿です(*⌒▽⌒*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

83日琴浦町 20090626

島根・松江市 → 鳥取・琴浦町
135km
Photo

6:30起床
松江市のビジネスホテルの朝です。
咳は出なくなりましたね
本日は走るぞぉと気合を入れて9:30出発。
Img_5645_r
しかし暑いですこれからの季節はきついです

「境港市」を目指します。
しばらくは昨日と同じ道を走ります。
ちょっとアップダウンはあるものの快適
Img_5653_r

途中からは大根島に向かう道に入ります。
まっすぐで、海に挟まれた快適道です
最後はすっごい高い橋ですが
Img_5661_r

10:30鳥取・境港市に到着
Img_5662

Img_5663

さて、とんちゃん(甥っ子)の妖怪は居るかなぁ?

ちがうよな~
Img_5670_r 

うーむ
Img_5675_r

あっはっけーん
Img_5678_r 
豆腐小僧でした。2ヶ月ぶりまた遊ぼうね。

Img_5681_r
疲れた感じの鬼太郎と撮影

今日は、行きたい所がもうひとつ。
安来市の「足立美術館」です。
アメリカの日本庭園専門誌?で6年連続ナンバーワン
に選ばれたらしい。
しかし、今日の日差しの強いこと
これからは、午後はしばらく走れないですね。

弓ヶ浜
Img_5695_r

14:00ごろ鳥取・米子市に到着しますが、
ちょっと戻る感じで島根・安来市に向かいます
市街地から7kmほど山側に進み
15:30「足立美術館」に到着。
Img_5699_r
チケット2200円!!
高!
でも、日本庭園。素敵ですねぇ。
Img_5702

Img_5707_r

Img_5710_r
片道19kmと2200円の価値はありました

交通整理のおばちゃんにコーヒーをもらいました。
暑いのに頑張るねぇと聞くと
「仕事があるだけありがたい。
東京なら好きな仕事ができたが、安来に帰ってからは
選べる状況ではなかった。」ということです。

やっぱ、地方は厳しいですねぇ
日本1周から帰ったら頑張って働こう!!

16:30出発
また、19kmかけて米子市まで戻ります。
ひぃー

寝床ですが、かなり進まないとないです。
「国道9号線」を西へひた走る。
Img_5734_r

Img_5736_r
最後には真っ暗の中を走りましたね
久々です

倉吉市ぐらいまで行きたかったですが、
手前の「琴浦町」の「道の駅赤崎ポート」まで。
なんだかんだで距離的には135km
風邪もオケツもほぼ治ったということでしょ

休みまくった割りに頑張ったぁ。

明日の予定

三徳山三佛寺の投入堂を見学。
鳥取市まで行きます
と書いてる今は鳥取市のキャンプ場

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

82日松江市 20090625

島根・出雲市 → 島根・松江市
75km
Photo

5:20起床
だいぶ早起きになってきました
風邪が治ってきたのかな?
道の駅なのでうるさくて起きただけかも

しかし海岸線できれいな道の駅です。
Img_5565_r
しばらくパソコンを打ちます

7:30出発
体調はよさそうだが、咳がでますな・・・・

日御碕(ひのみさき)を目指します

なんでも、日御碕は東尋坊なんて目じゃないような
すごい断崖と海の景色が広がるらしい

海岸線に「くにびき海岸道路」というのがあって
すごくいい道です。
Img_5567_r

そしていつも通り↓
Img_5569_r
迂回路とか簡単そうに書いてますが、とても
自転車でいける道ではないです。峠あるし
日御碕断念
折角、オススメと言われたので見たかったですね

幸い通行止めのすぐ隣が、出雲大社
Img_5584_r

Img_5574_r
念入りにお参り。二礼二拍一礼

60年に1度の遷宮中です。
Img_5579_r
よく読むと、「二礼四拍一礼」って何だ!
普通二拍でしょ。
縁結び、まずいかな

昨日もらった、鯛めしのおにぎりを食べます。
ありがたいですねぇ
Img_5583_r

そして、教えてもらった「出雲歴史博物館
Img_5585_r

写真は撮れませんでしたが、すごく楽しかった
神話シアター」っていうのがあって、いままで
わかりにくかった神話をわかりやすく説明して
くれました。

なのにスサノオがいい奴なのか悪いヤツなのかは
結局、判断がつきませんでしたが

3時間ぐらい博物館に長居してしまいましたね

急がねば

とは言え、腹が減ってはなんとやら。
博物館の正面が出雲そば屋「やしろや」だったので頂きます。
Img_5588_r

割子そば結構有名なお店みたい

13:00急がねば

しかし、町でヒマラヤとかあります。
Tシャツ買います。
もう、毎日交換しないとキツイですからね

下着は今までの3日分から4日分を持つようになりました

14:00急がねばー

数年前にきたときは、宍道湖(しんじこ)の湖北を通ったので、今回は
湖南を通ります。

国道9号線を走ってたら、いきなり宍道湖の景色が
広がります。でかいっすねぁ。
Img_5601_r

Img_5610_r
しかし、9号線はやはり交通量が多く走りにくい
です

17:05松江市に入り小泉八雲記念館
Img_5614_r

時間的に、やばいかと思ったが夏時間で18:30ぐらいまで
OKでした。

でも小泉八雲、松江には1年半ぐらいしかいてないみたいですね。
寒くて熊本に移ったそうですよぉ
Img_5616_r

本日は境港市の妖怪の銅像の横で耳以外にお経を書いて
寝ようと思っていたんですが、「境港22km」の表示。
すでに18:00をまわっています

無理っすね
数年前に来たときは大田市から境港市まで軽く
走ったのになぁ

鬼太郎アイスで境港の雰囲気だけ味わいます。
Img_5620_r

松江からは宍道湖の夕日がみれます。
Img_5622_r
ちょっと撮影場所を失敗しましたが。

雲はきれい。
Img_5631_r

寝床ですがユースホステルに電話したら
現在つかわれておりません」

ということで松江市で3500円のビジネスホテルを
発見。値段の割にはいいところでした
Img_5639_r

コインランドリー

明日の予定

境港市、そして安来市をウロウロして
鳥取市方面へ進みます。
で、米子を過ぎたあたりの道の駅でーす

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

81日出雲市 20090624

島根・浜田市 → 島根・出雲市
94km
Photo

7:00起床。島根・浜田市の「石見海浜公園キャンプ場」の朝です。
Img_5435_r
久々のキャンプで心配していた風邪ですが、悪化は
してない様子です
もう良くなるんじゃないかな

夜も駐車場の開いてる公園だったようで、ちょこちょこ
若い子らが居てました

8:00出発
とはいえ、10分で3km先の「アクアス」に到着。
Img_5479_r

シロイルカショーは見れないらしいけど、ペンギンがいる
らしいので、見ていこうかな、と。

開館までパソコンをうちます

開館してアクアス。1500円痛い(>_<)

クラゲ好き
Img_5441_r

この旅は水族館が多いかな。
だいたい海沿いを走ってるから寄っちゃいますね

ペンギンの餌やり
Img_5466_r
お兄さんが動く方に全員でついて行くのがかわいい

ペンギンて1日に体重の4分の1も食べるらしい。
わたし、16kg食べていい計算です。まだまだいける

Img_5478_r
「ルークよ、わたしがお前の父親だ」

シロイルカは撮影禁止

Img_5463_r
「上戸彩」

2時間で終了

すぐに江津(ごうつ)に入ります
昨日とは打って変わって平坦

ペンギンの食事量にあやかり、カツ丼。
Img_5483_r
お店でしっかりと食べるのは久々かな。

13:00多少のアップダウンを越えて大田(おおだ)
に入ります。

ここは温泉津(ゆのつ)という温泉地が
あります。
Img_5490_r
瓦の感じが島根のフィレンツェならしい
ここも世界遺産の一部なのかな?

写真で見て、古くて地元の温泉ってイメージ
がよくって入ってしまいました
Img_5489_r
熱い

そして、お風呂をあがって15:00

観光協会で聞くと、石見銀山は自転車では行けない
んじゃないか、と。
しきりにバスの時刻を説明してくれます。
そして明日にしなさい、と。

まぁ地図を見ると、20kmぐらいなんで、行ってしまい
ましょう
大体の施設が17:00で閉まるため、かなり急ぎます

16:45石見銀山のメインの坑道っぽい、「龍源寺間歩(りゅうげんじ
まぶ)」の入り口に到着。

17:00までに入ればOKなのでセーフ
入場制限は16:30ってケースが多いので、その場合は、
坑道入り口で寝るつもりでした
Img_5502_r

坑道ですね。
Img_5507_r
広い、し寒い
しかし作業する所は狭いですね。
きつい労働だなぁ
銀がありそうには見えませんでしたが

しかし、最盛期には世界の銀の3分の1の産出量だったそう
この情報はふくちゃんブログからパクリました

羅漢寺の五百羅漢は終了していました
Img_5528

17:30になり、さて寝床ですが、先の方のキャンプ場に電話すると
「3600円でーす」あほな

大田市街を抜け、頑張って25kmほど先の出雲市の
端っこの道の駅「キララ多伎(たき)」にきました。

なんとか明るい間に来れてよかった

近くの喫茶店、兼お好み焼き店、兼小料理屋
みたいなお所に、お好み焼きを食べに
Img_5557_r

Img_5555_r
おいしい

これにて本日終了と思いきや、会計の時に地元の方が
話しかけてくれ、お酒の席にまぜてもらうことに
ラッキ

道の駅の安全情報から、ここがいい、あそこがいい、
と明日の行程まで決めてもらいました
行く所が増えました
みなさん、かなり地元が好きな様子。

しかし、久々のビールです。うまーい
熊本以来ですね。
Img_5556_r
ビールとお魚とご馳走になって、アルミホイルは鯛めしで作った
おにぎりです

ありがとうございまーす。
Img_5558_r

よく寝れそうです
今晩のお家です。
Img_5561_r


明日の予定

この辺は一度来たことがあるので、さらっと
松江で小泉八雲の施設がないかな~。
と書いてる今は松江のビジネスホテルです

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

松江城 20090685

さて、今日はどこまで行こうか?
妖怪の横で寝れますかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアス 20090624

バブルリングは見れずでした。
せめて上戸彩でも展示しててくれたらな〜(^^ゞ
 
さて銀山へ。 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

80日浜田市 20090623

島根・益田市 → 島根・浜田市
73km
Photo_3 

7:30起床
だいぶと風邪はよくなってきたようです

Img_5389_r
ブログや情報収集、濡れたものの片付けなんか
で10:00出発

駅にある焼き物屋さんに行きますが
閉まってます

観光協会で聞いて、雪舟が庭園を作ったお寺
「医光禅寺」の隣に窯元があると聞きます
Img_5394_r

薬師如来さん
Img_5397_r

雪舟庭園
Img_5401_r

そして、今日だけ用事で閉まってる窯元
Img_5402_r
うそん

萩・石見空港へ雪舟焼きを買いに
いつも励ましてくれてる姉さんの誕生日プレゼントなど
Img_5409_r

一緒に不要になったものを送ります。
Img_5407_r
フリース:北海道までは要らんでしょ。もらい物です。

Img_5408_r
九州ツーリングマップル:もう要らんね。
コップ:コッヘルがあるので不要。
音楽プレイヤー:案外きかない。
しゃもじ:誰と会食するねん。



しかし、空港なのに、人が少ない
次の発着は5時らしいね。まだ昼過ぎです・・

だいたい「萩・石見空港」といいながら、萩でもなけりゃ、
石見銀山までも60km以上ありそうですだまされた

昼ごはんを食べて、12:30再出発

本日の道のりは、海岸線を気持ちよく、と思ってたらずっと
上り下りでした。
オケツいたい←イボではなくってよ

益田ー浜田間おそるべし。
写真も2枚ぐらいしか撮ってない
9号線が狭くて、写真とるのがこわい
Img_5404_r

Img_5415_r

特に何もなく18:00石見海浜公園キャンプ場へ
Img_5418_r

すごく広い公園と海辺を一人占めみたいな
キャンプ場ですが、夜もオープンなようなので
ヤンキーとか来ないかな

Img_5427_r
30分ほど夕日を眺めます

テントは久々ですね。

風邪は大丈夫だと思うんだけど
下関でも治りかけでキャンプして、ちょっと
悪化したしねぇ

答えは明日の朝わかります。
しかし今日は、イベントも大したトラブルもなく
ブログも楽ちん

明日の予定

シロイルカが見れない、かも。
石見銀山は遠いなぁ。大田市まで行けますかね?

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

79日益田市 20090622

山口・萩市 → 島根・益田市
68km
Photo

やはり夜中に何度か咳で起きましたね。
8:00起床

夜は降ってたみたいですが雨は止んでます

連泊も考えてユースホステルにしたんですが、
滞在しても暇なんで町なんかに出ようとしたら、やっぱ
ずぶ濡れですよね

同じ雨対策をするなら、出発しようと
準備をします。
10:00まで天気を見て出発
Img_5337_r

どのみち、60km先の益田市までしか行く気がない
のでのんびり

途中の阿武町の道の駅でおっちゃんにおにぎりを頂きます。
相生の方で、沖縄も回って、あと2日ぐらいで帰宅
するそう.
掲載許可はもらってないので小さめ
Img_5345_r

その道の駅で、すぐに大雨雨宿り。
休憩中に降るなんてついてるかな。ワーイ
Img_5348_r

ちょっと山道。
走ってはトンネルなんかで雨宿りをしながら進みます。
Img_5358_r

Img_5352_r

萩市の須佐(すさ)に到着します。
維新の町から、神話の匂いのする町にきましたね。

やっぱり、スサノオからの由来なんじゃないかという話
出雲に近づいてますな

しかし、考えたらスサノオって姉貴を困らせて岩戸に閉じこも
らせたり、糞をまきちらしたり、と困った神です。

だいたい、イザナギが鼻を濯いだ時に産まれたって設定も
どうよ
もっぺん、日本の神話を作り直しましょう

須佐の駅で休憩してると、須佐の唯一の観光地っぽい
ホルンフェルスの看板が

5kmなら行くか、と向かいますが、5kmあれば山もあるし
山があれば雨も降るし、咳も出るし、ブレーキも壊れる、と。
Img_5369_r
↑ホルンフェンス


Img_5371_r

うーむ、自転車乗りには不向きな観光地でした

ちなみにルイガノLGS-GMTのブレーキ調整はココ
Img_5375_r
わかりにくいと思いますが、こんなスポーク側にあるネジ
は、素人は気付かないさ

ちょっと観光のつもりが90分ほどかかってしまいました
16:45益田市に向け出発

17:45、島根・益田市に到着しますが、豪雨ですね

バス停に避難
Img_5384_2 
ここで寝てもよさそうだが、トイレがないのと
今の体調で耐えられるのかどうか?

ネットを調べると夜からは雷つきの大雨、とか。

18:19意を決して出発します
幸いにも追い風。
雨は背中にあたるので、結構楽です

晴れてたらナイスビューかもしれない
Img_5385

Img_5386_r

19:15益田市の市街地へ到着。
益田市は宿が安めだと、昨日のうちにチェックしていた
ので、ビジネスホテルへ。

安いが、冷蔵庫に前の人の牛乳が残ってたりして。
サービスか?
Img_5388_r

明日の予定

ちょっと、空港に行ってみたいが・・。
浜田市とか石見銀山方面へ。
しかし、島根ひろい。何日かかるだろう。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

78日萩市 20090621

山口・長門市 → 山口・萩市
47km
Photo

起きれません
というか咳で2:00頃まで寝れませんでした。
朝までにも2回ほど咳で目をさましましたね。

8:00頃に起床し、準備をします。
対策で念入りに。

9:30出発。
とりあえず、萩市までは行きたいです

途中、コンビニでエンジンのかからない車が
いてて、5分ぐらいやってるのでボンネットを
あけてもらって見てみました
が、全くわからん
元SSアルバイターなのに・・

結局、車屋を呼んだようです。
直せたら格好よかったのに

Img_5299_r
萩市の手前の峠で大雨です
トンネルで雨宿りします。

少ししたらやんで萩市までダッシュ
Img_5294_r

昼過ぎに萩市に到着します。
28km程度ですからね

萩市をウロウロします。
地図を広げたり。天気を確認したり。
先の町、天気、体調を考慮して、本日は
ここで萩市でストップですね
さーブラブラしよう

木戸孝允の旧家
Img_5305_r

高杉晋作の生家
Img_5308_r

そして、松下村塾(しょうかそんじゅく)
Img_5315_r

松蔭神社
Img_5317_r

吉田松陰の銅像。
Img_5328_r 
坂が急でしんどかった

「萩博物館」も吉田松陰の特別展示です。写真は
町をあげて吉田松陰に染まろうとしてますね

30年の人生なのに、なんと波乱万丈なことか。
11歳で兵法を講義、3年の旅、黒舟へ乗船未遂、
松下村塾、2度の投獄

ストイックなまで勉強家だったそうですね

ちなみに博物館の夏みかんソフトクリームはバカ美味
ベスト3に入ります。
Img_5310_r
ソフクリ診断士としては、このクリームとフルーツジャム部分がわかれた
状態のソフトクリームは10年ぐらいで爆発的にヒットするんじゃ
ないでしょうか

萩市のユースホステルにて。
Img_5336_r

明日の予定

降水確率は90%
進みたいんですけどね。
雨の量によってはブログも休刊です。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (1)

77日長門市 20090620

山口・下関市 → 山口・長門市
103km
Photo

朝は6:00に咳で目覚めます。
が、二度寝します
風邪には睡眠が一番
風邪はちょっとヒドくなってますね
もう1泊、宿とった方がよかったかな

8:30に再び起きて準備をします。
ちなみに、アンテナが弱くインターネットはでした
Img_5184_r 
9:30ふくちゃんに挨拶をしますがイビキで返答
さすが、日本1周も終盤の人は格が違うな~

出発しますが、キャンプ場の下りで左の
ブレーキが・・・効きません

どうなってんだ!
自分でなんとかするしかなさそう
適当にいじって、ある程度復活しますが、
うーん、微妙な感じです

しかしね、めちゃめちゃいい天気
国道191号線快適です
しばし写真館をお楽しみ下さい
Img_5191_r

Img_5200_r

Img_5208_r

2時間ほど走って、「土井ヶ浜」付近で飯をどうしようかと
考えていると海の家の「波乗りジョニー」さんに呼びとめ
られます。
Img_5230_r_2 
「飯くっていき
ありがとうございまーす
Img_5219_r_2
どうやら海の家のオープンの準備期間ですね

カレーいただきました
ごちそうさまです。うまかったです
Img_5228_r

もちろんビーチもキレイです。
Img_5222_r
風邪ひいてなかったら泳ぎましたね
ていうか、働きそうになりましたね

自転車で旅してる人は、この辺で泳ぎたくなる筈
「波乗りジョニー」でひと泳ぎして汗を流すのがいいでしょう
波乗りジョニー。7月1日オープンです
http://www.naminori-johnny.net/
Img_5227_r_2

そして、オススメされた角島(つのじま)へ

角島大橋
Img_5241_r
きれー
ここは自動車のCMなんかでも使われてるそうです

ちょっとだけ走りました。
Img_5243_r
勝手にCM気分だったのですが、クラクション鳴らされ
まくり

さらに萩市に向け進みます

本日の道はアップダウンも適度で、海はきれい
、空はきれいで、野山もあって自転車乗りには
最高の道です。しんたま世界遺産認定
Img_5262_r

ロードレーサーの人にも何人も会いました。
その中でも、大阪から来た2人組の元自転車部
のおっちゃんは、朝に大阪・交野市を出て下関で自転車
を組み立てて、今ここに居るそう
スゲー
明日の日曜に島根の益田市まで行って、電車で帰り
月曜はちゃんと出社するらしい。
えげつないパワーと行動力ですね
そこまでは出来ませんわ・・

Img_5270_r
さて、萩市を目指してましたが、ちょっと
峠がある模様
咳も出てるので、手前の長門市で体を休めます。

18:00ごろ長門市について青海(おうみ)など周遊

は大丈夫でしょうか?

明日の予定

雨は弱そうなので、きっと萩市で観光。
その先は未定。と書きながら萩市のYHです。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

76日下関市 20090619

福岡・北九州市 → 山口・下関市
56km
Photo

朝は6:30に起床
寝てようと思いましたが、案外、普通の時間に
起きましたね。

しかし、パソコンで調べものをしたり、だらだら
準備をして9:30に出発

とりあえず向かう先は「サイクルベースあさひ」です
ほんと、こればっかり

Img_5146_r

10:30に到着して、念入りにブレーキをみてもらいます
ブレーキパッドが減ってるそう

まだ1回目のタイヤも交換してないのに、ブレーキが
そんなにすぐになくなるかな?

調整してもらい、しばらくは大丈夫なようです

このサイクルベースあさひは実は九州の2日目朝にも
通りましたね開店前でしたが。
あの頃は、腹痛というか気分が悪くてオエ~って
言いながら走ってました
ゲホゲホ言いながら走ってる今の方がましです

北九州市の中心部の小倉へ向かいます

こっちのコンビニでは、こんなパックのカキ氷
が売ってます。
Img_5147_r
いつか食べてみたいと思い、最後に記念にたべました
うまいけど、食いにくいよなぁ。
大阪にはないよね。

チャチャタウンというショッピングモールでお買い物。
山用品店のシャツを買おうかと思ったけど、結局ユニクロ
破れたズボンも買い替えです。
Img_5150_r

小倉城
Img_5153_r

そうして、ついに九州を出ます

九州も思い出深いです。
なにせ山が濃かった。
そして屋久島はキャンプ場なんかで知り合った人が
たくさんいました。清らかな島です。
沖縄は海とゲストハウスがサイコーでした。
あとはやっぱイボの思い出だな
たのさんはじめ、お世話になった方々ありがとうございまーす

ということで小倉港からフェリーです。
Img_5154_r
10分たらずで下関に。

とにかく下関駅に行きます。
特にやることなし。
ロッテリアで地図を確認

まだ15:00ぐらいですが、進む先には町もキャンプ場も
ありません。
今日は、近くのキャンプ場で休みましょう

騎兵隊結成の地
Img_5168_r

高杉晋作終焉の地
Img_5166_r

おっと、道を走ってるとフクちゃんが現れます
Img_4760_r
写真は使いまわしです

長崎でちゃんぽんを一緒に食べたスーパーカブの
ライダーです。
何回目の偶然だか
まだ咳をしてるから呆れられました。
「休んだら」って
Img_5174_r

で、同じキャンプ場に行くことに
本調子だったら酒でも飲みたい所なんですけどね~。

とはいえ、暗闇で結構しゃべってましたね。
Img_5180_r

景気回復のために年金制度を変えて、派遣制度を整えて
年寄りが働きやすくして、少しでもお金を使ってもらおう
というような事を話してました
まず、お前ら2人が働け、と思ったあなたの意見はごもっとも
です

明日の予定

明日はかなり走ると思います。
行ければ、萩へ。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (4)

75日北九州市 20090618

福岡・福岡市 → 福岡・北九州市
84km
Photo_2 

民宿みたいなところで、隣が大音量でテレビ
つけてて、なのに大音量のイビキだったので寝れな
かったですね
まぁ、こっちの咳もうるさかったとは思いますが

そんなで2:00ごろまで起きてたので、本日の
起床は9:00となりました。すごい寝汗
なんにせよ寝坊です
Img_5104_r

10:00出発。
寝坊のおかげでキャナルシティのモンベルに行ける
と思ってたのですが、ミステイク
道を間違えて行けませんでした

そのまま博多埠頭へ
フェリーの時間を見てなかったので50分待ち

その間、ブログ更新
Img_5105_r

どこへ行くかと言うと、「志賀島(しかのしま)」
という所へ行きます
Img_5126_r

福岡のちょっと上にある島です。
島とは言え砂浜みたいなのでつながってます。
Img_5115_r
志賀島は「漢委奴国王印」の金印が見つかった所と
して知られています。社会科で習いましたね
こんな所だったんですね。
甚兵衛さんが畑を耕してて見つけたんだとか。

ミステイク
金印が見たかったのですが、福岡市の博物館にあるそう。
気付いたのは勢いでフェリーに乗った後でした
まぁいいや
Img_5113_r
金印は一辺が2.3cmと思ってたより小さい。
このようにして、文書を入れた籠の粘土の封の部分に
印を押してたそうです。
Img_5116_r

島は1周40分ぐらいかかってしまいましたが、小さなものです
信号のない平地の道はとても気持ちよい
Img_5121_r

名物バナナボートのホットドッグ
Img_5129_r
きざんだ玉葱がきいててソースに合ってて美味しいです
おばちゃんが話相手になってくれます。
Img_5130_r

ところで、昨日、自転車の後ろブレーキを調整してもらった
が直ってなかったって書いたかな
自分でやっても直らず、片方は使えないままです

Img_5133_r

古賀市に自転車屋があったので寄ると、「それはわからん!」
ええ!!
ブレーキの調整が出来ない自転車ってあるの?
「あぶないから下りは歩くように」と。
登るだけ登って、下りは歩くって、そんなストイックな
スポーツないですよ

気をつけながら運転。
Img_5137_r
3号線はバイパスっぽいので自転車では、どう走って
いいのかわかんないです。
ちょっとの間、恐怖の左から3車線目走行とかしてた
案内を付けてください
Img_5141_r
19:00北九州市の八幡西区に到着。
ビジネス旅館です。都会は高いなぁ

明日の予定

ついに九州を脱出ですね。
その前にサイクルベースあさひへ。
こればっかり

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (4)

74日福岡市 20090617

福岡・前原市 → 福岡・福岡市
65km
Photo

8:30ごろ起床
起きれないですね。
相変わらず咳がでます

9:30ごろ出発
今日はまずは福岡市早良区のサイクルベース
あさひです
10:45到着し、早速前輪キャリアの交換。

左右セットで用意されてて、とりあえず
壊れている左をつけてもらいます。
右も着けてもらおうと思ったら、ネジが曲がって
いるそうで、本体のネジ穴がつぶれそうだと。

そろそろ、チャリごと買い替えか

Img_5052_r
久々に前輪に2つバッグがつきました

福岡の知り合いのIさんに電話します。
「めし、おごって下さい!」
昨日のビジネスホテルが高かったので、少しでも
辻褄を会わそうとしています

Img_5056_r
ある会社の支社の入居ビル


12:20博多に到着し、ラーメンを奢ってもらいます。
「一歩亭」ガイドなんかにも出てる所だそう
Img_5057_r

Img_5058_r
おいしい

どっか、福岡で経済勉強の取材できそうな所がないか
ときくと、「景気はネオン街に行くのが1番よくわかる!」と。

お金かかりますがな


しかし、失礼なお願いに快くおごって頂いて、ありがとう
ございまーす
風邪がうつってなければいいのですが

ヨドバシカメラでお買い物

14:30太宰府市へ向かいます。
すぐです。1時間ちょっとで到着。

太宰府天満宮です
Img_5064_r

勉強をしている方のために念入りにお祈りします。
Img_5093_r
学業のお守り

「飛梅」
Img_5067_r
菅原道真を慕って、京都から一夜で飛んできた梅です。

そして名物「梅が枝饅頭」うまい
Img_5089_r
あんこを餅で包んでるので、当然うまいの
ですが、餅の部分の薄さが売りですな

「九州国立博物館」
Img_5080_r
埴輪などを見ます。
来月だったら、話題の阿修羅が見れたらしい
Img_5082_r

通り道の虹のトンネルがきれい
Img_5085_r

博多にもどり、祇園のもつ鍋みやもと
Img_5094_r_2 
ここは、ブログを読んでくれている方の1人から
教えてもらったところですよ

メニューはなし
いきなり「何人前?」

1人前は少なすぎると言うので、2人前
Img_5096_r
おおうまい
濃い目が好きな人向けですね。

雰囲気に押され1本だけビールを頼みましたが
かなり咳が出るようになってしまいました
しかし、病状は快方ですね
お尻も

3000円のビジネス旅館で就寝
そういえば、県庁所在地16個目

明日の予定

北九州かな?
モンベルに行きたいが。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (4)

73日前原市 20090616

佐賀・伊万里市 → 福岡・前原市
62km
  Photo_3

朝は6:00ごろに目覚ましをセットしていたの
ですが、風邪で睡眠が必要なのでしょうか、
9:15ごろまで二度寝をしてしまいました

10:00出発。
「伊万里・鍋島ギャラリー」や「伊万里陶
器商資料館」を見学します
Img_4974_r

Img_4976_r

Img_4981_r

Img_4982_r
古伊万里って有田の焼き物だったんですね

その後、イスがあるのでパソコンをいじったり。

12:00ごろに国道202号線を出発

鳥ドライブインというところで
鳥めしを食べます
Img_4985_r
安くてうまいです愛想もいいし、企業努力をされてる
のがよくわかります


唐津市までは里山の道という感じでのんびり
走ります。気持ちいい
Img_4992_r

唐津城
Img_4997_r


名物からつバーガー
Img_5003_r

虹の松原という、日本3大松原のひとつです。
Img_5008_r
ここで、神奈川からきたというフジロックチャリダー
さん
に会います
1ヶ月で神奈川から佐賀まできたのはスゴイ

屋久島に行くそうなので。「山と高原地図」を
渡します神奈川から屋久島に来てますが、
最終目的地は7月24日新潟・苗場のフジロックフェス
ティバルだそうです

たのしくって道端なのに1時間ぐらい旅の話をしてましたね。
痩せてるからか他人に飯なんかを奢ってもらってるって
言ってたけど、わたしはないっすね
痩せたらおごってもらえるのかぁ
いつになったらダイエット成功するんだろ?

ずっと咳をしているわたしを気遣ってくれてました。
飴ちゃんもらった
Img_5015_r

愛車はGIANTのグレートジャーニーだそう
Img_5011_r
頑丈そうで気に入ってると言ってます。
でも、バッグのアタッチメントが壊れてたり
どんな自転車に乗っても、こんな旅をしてれば壊れる
ということでしょう

わたしもルイガノLGS-GMT気に入ってるんですよ
キャリアとバッグ以外は

気付くと17:00
お互い、寝る場所を考える時間です。
わたしは、今日も宿と決めていたので、なんとか
なります
フジロックチャリダーさんは伊万里市まで行くらしい

前原(まえばる)市に向かいます。
Img_5022_r
結構、海岸線を通るので海がきれいです
写真も撮ります
Img_5033_r

そして18:45前原市に到着。
しかしビジネスホテルは1件しかありません。
6000円痛い
いままでで確か最高額ですね
早く風邪を治さねば!!

明日の予定

福岡市で自転車修理。
負けじとIさんに昼飯をおごってもらおう
そして太宰府天満宮へ。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

大宰府 20090617

大宰府天満宮です。
お礼参りと勉強中の方の分もお参りしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

72日目伊万里市 20090615

長崎・佐世保市 → 佐賀・伊万里市
105km
Photo

朝は6:30ごろ起床。佐世保市のビジネスホテルです。
Img_4915_r
すごい咳がでますね

食欲はなし
出発をためらいます。
行程を考えてもハードが予想されるので

しかしテレビでプロレスラーの三沢選手のニュースが。
満身創痍の状態でも必ずリングに上がってくる人だった
うむリングへ上がらねば

えらいもので8:30ごろには咳もとまります
準備をして10:00出発

しかしですね、本土最西端の「神崎鼻(こうざきばな)」
橋で繋がれた本土最西端の「平戸島」とあるのですが、
今回は「神崎鼻」だけにしときます。

両方に行くと宣言してたのですが、すいません。
今の体調で両方は無理です
特に平戸島は宿なんかがあるか不明なのでパス

ということで、北上し「神崎鼻」へ。
当然のように坂です。
交通量も多いので嫌な道でした
Img_4919_r

Img_4918_r

12:30本土最西端神崎鼻」に到着。
Img_4928_r
30分ほど居てましたが、誰もこないですね。

さらに北上するも坂です
ちょっと朦朧としてましたね
記憶もあまりないです。写真もほとんど撮ってない。
ただひたすらペダルを漕ぎました
Img_4942_r

平戸大橋です。
Img_4944_2 
平戸島が見えて悔しいですね

本土最西端の駅「たびら平戸口駅」
Img_4947_r

これで、九州の西側の北上を終え、あとは右(東)に
向かう感じなんですが、急に坂が楽になります

もちろんアップダウンなのですが、イボが爆発しそう
な坂はなくなりました。快適~

それでも、今日は何も考えず名物も食わずにひたすら
走ってた感じです。
Img_4942_r_2


松浦市
の道の駅は寝れそうなのですが、体調が不安なので
伊万里市のビジネスホテルに入ることにします
3000円を切る値段でありがたい

佐賀県・伊万里市に18:30ぐらいに到着。
Img_4963_r

かなりウロウロしますね。
街中に陶器が置いてたりするので楽しいです。
Img_4965_r

今日はなんだかんだで、特にイベントもなかったので
100km越えですね距離に体調は関係ないらしい。

Img_4967_r
助六寿司を食べてちょっとテレビを見て
寝てしまいました

明日の予定

福岡県に入れるかな?
そして明後日は自転車屋。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

最西端 20090615

神崎鼻。日本最西端です。
だからどうって訳ではない

| | コメント (5) | トラックバック (0)

71日目佐世保市 20090614

長崎・長崎市 → 長崎・佐世保市
77km
Photo_3

朝は7:00ごろ起床。完全に風邪ですな
食欲は全くなかったが、朝食をつけたので
頂きますうまいんですけどねぇ

今日は70kmほど先の佐世保以上は進まない、と
決めているので、思い切ってブログ更新
やっと追いついた

えぇ、もう6月14日!!と改めて気付く。
急がな

しかし今日は咳が出ますな
休んでもいいんですが、体は問題なく動くし、わたしの
仕事は進んでブログを書くだけ。
会社勤めされてる方の苦労に比べればへっちゃらっすね
頑張ろう

Img_4809_r
荷物を整理して10:00宿を出ますが、太鼓の音が聞こえて
たんですよね
ペーロン祭りの練習かなと思ってたんですがビンゴ
Img_4816_r
おぉ、掛け声にあわせて一斉に漕ぎ出すのがカッコイイ

さて道はきっつい坂道です
しかしね、天気は最高ですね
Img_4822_r_2 

今日はね、話題はないが、ずっと走ってまして景色は
よかったので写真を楽しんでくださいね。
Img_4835_r

Img_4840_r

Img_4842_r_2

Img_4847_r

Img_4851_r

Img_4853_r

Img_4860_r

Img_4864_r_3

Img_4895_r    

そんなで16:00ごろに佐世保市の端っこに到着。
本当は昨日に着くつもりだったんだが
完全に読み違い

1時間ほど地図とネットを見て明日の予定を組み立
てます
悩んでたのですが、平戸島に行きましょう
前に行くって書いちゃってた筈だしね
その後、本当の本土最西端は「神崎鼻」らしいという
ことがわかったのですが、両方とも行っちゃえ
但し、ちょこっとフェリー使わせてもらいます

19:00佐世保駅
Img_4900
いい感じの駅です。

しばらくウロウロしてたら「ログキット
Img_4903_r
佐世保バーガーで1番有名なところでしょ
明日はこれを食べるためだけに、最西端から戻って
こようかと思ってたのですが、いま食おう
おお。うまい
Img_4906_r
「佐世保バーガーってただの大きなバーガーでしょ」って思ってた
のですが、なんの。
ソースがうまい。色んなソースがかかってそうだが、バランスが
いいですね。
食う価値あります

本日も念のため宿へ。
最近、宿が多いな4000円
本当は節約してお金ためて、時計修理したり、靴を買い換えたり、
沖縄に別荘つくったり、しようと思ってるのに

ビジネス旅館「西海荘」さん。決め手は「全室
ウォシュレット付き」です
さてブログがんばろう

明日の予定

めっちゃうまくいけば、神崎鼻に行って
フェリーで平戸島に渡って、平戸大橋付近まで

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (1)

70日目長崎市 20090613

長崎・長崎市 → 長崎・長崎市
45km
Photo

朝は7:00ごろ起床。寝すぎです
風邪は続いてますが、イボは軽くなった
気がする
世の中、こうしてバランスが取れてるのですね。
Img_4752_r
ホテルで朝食
同じホテルの女子にコンタクトを取ろうとしますがNG
かわりに途中でスーパーカブのライダーGETです
Img_4760_r
「日本1周たまちゃん・ふくちゃん」結成

これがですね、鹿児島の吹上浜ぐらいから5回ぐらい
すれ違ったんですよなんでか、いつも逆方向に走って
るんですよね
かなり色々楽しんでるみたい
やっぱ旅の話で盛り上がります。
同じ宿に泊まってたりとかして

2人で鎖国中の唯一の貿易港「出島」を見学
Img_4755_r
川沿いの町の一角って印象なんですが、昔は
こんか感じだったそう。
Photo_2

そして「長崎新地中華街」へ。
Img_4764_r
2人でチャンポンを食べます
Img_4762_r
地元民もオススメの店。
うまい
Img_4766 
皿うどんも食べたかったなぁ。
Img_4763_r_2 
ここでコンビ解消し。また会うでしょう
↓フクちゃんブログ
http://blog.livedoor.jp/namaguramon/

5分ぐらい走った崇福寺
Img_4769_r
中国系のお寺だそうです。
中国っぽいです
飢饉のときに、お粥を振舞ったという鍋。
Img_4777_r
もし仏像が好きというおかしな読者がいればその人用。
Img_4776_r

近くに坂本龍馬がつくった貿易会社の「亀山社中跡」
がありますね。
めっちゃのぼります
すごい斜度ですよ。茨木市の山手台なんて目じゃない。
Img_4778_r
亀山社中資料館なんてのもあります。
無料です
結構いろいろな写真があって楽しい
有名な龍馬の写真も、このあたりでスタジオをしていた
彦馬さんという人が撮ったものらしい。
Img_4783_r
龍馬になったつもりが、暗殺者っぽい

龍馬像
Img_4784_r
これも、相当のぼりました

その後、15分ほど北上し「平和公園」で平和記念像。
祈りを捧げます。
記憶してたよりも小さかった。
Img_4796_r

文明堂のカステラ巻にて長崎市終了
Img_4799_r

そして、佐世保に向かいますが、国道202号線の渡り方が
わかりません
回り道で渡った時には16:00
佐世保まで100kmぐらいあるそう。うそん
えぐい坂です
Img_4803_r
これで、主要都市を繋ぐ道ですもんね。
おかしいよ。
折角、回復傾向にあったイボもキリキリいうてます

体調の悪さの影響も大きくなかなか進まない。
道の駅まで行こうとしますが、途中1泊2食5000円の看板が。
Img_4812
心が折れましたね。
まぁ、少ないながらも10年働いた蓄えがあるんだから、
風邪のときぐらい楽をしよう
風呂も入りたいし部屋ひろい
Img_4808_r
晩飯はサラダとパン1個です

ふくちゃんは道の駅まで行ったそうです

さらに夜に、いんたさんから電話が。
なにか送ってくれるそうです。きっと笑えるものでしょう。
が、イボコロリとかなら要らんよ
ヒサヤ大黒堂のTシャツとかなら喜んで着ます

24:00就寝。

明日の予定

早めに佐世保につきたいが、9:30現在お宿のままです。
ブログ追いついた


はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

69日目長崎市 20090612

長崎・南島原市 → 長崎・長崎市
104km
Photo_2

朝は6:00ごろまで寝てます。寝すぎです
南島原市の道の駅です。

1度、夜に、風で自転車が倒れましたね
寝るときには風なんて吹いてなかったのに。

食欲もなく、そのままテントを畳んで、屋根の
ある所に移動。

秘密裏にパソコンを使いますが何かおかしい
う!!
コンセントに電気が通ってない
Img_4689_r
無断利用者対策かな。
情報が漏れてたかも。やるな道の駅。
Img_4699_r
ちなみに、勝手にコンセントを使ってはいけませんからね~
寝るのもアカンと思うが・・

8:30道の駅に備え付けられた、「雲仙普賢岳」の災害被害
保存公園の家の跡を見ます。
Img_4695_r
おわー、すごいっすねこれ

Img_4697_r
ほとんどが移築せず、このままらしいです。

海の近くの町ですよ。街中でこんなことになるなんて。

てことは、今朝のテントも完全にアウトの場所ですね

こうして、家の形が残ってるのは、いい方なんで
すって。ほとんどは跡形もなし

資料館もあります。
Img_4703_r 火砕流

Img_4704_r 土石流

ちなみにわたしは、今まで理解してなかった
ですが、「火砕流」が1000度ぐらいで襲ってくるやつ
で、「土石流」がその後、雨なんかで流されてくる
やつみたいですね。

40人ぐらいが熱風で死んだのが「火砕流」
かなりの家屋を流したのが「土石流」です。

9:30ぐらいに道の駅を出発。
ちなみに走ってる「国道251号線」も、噴火前の2階ぐらい
の高さなんだそうです
このあたりはすべて新築。
Img_4708

10km程度走って、ブレーキからゴジラの泣き声の
ような音がします核実験に対する警鐘を鳴らして
いるのかと思ったら、荷台がディスクブレーキに触れています。
Img_4709_r
壊れていた荷台の下の部分まで壊れてしまいました
これでは、仮止めで走るのも無理になりましたね
やばい
Img_4713_r

これより荷物は後ろ3つの、前は右の1つという
不安定な状態に。
右が重いです。
イボも右にあるため、かなり右に偏ります

ジャカランダの花
Img_4720_r
が咲いてる小浜温泉
Img_4724_r

しかし島原半島はきっついだろうと、覚悟をしてい
たんですが意外と登りは少なく快適に1周できました
1周80kmはあるかな。
Img_4732_r

その後の長崎方面がひどいアップダウン
地図ではしれっとメイン道路っぽい書き方になって
いますが、上り下りが豪快です
こんな峠は久々です。ヤンバル以来かな。
Img_4727 

ハンドルのバランスも悪く、かなり苦労しますね。
後半は、なんでかグラバーに文句を言いながら走行します

最後のトンネルを越えると長崎市
Img_4736

Img_4743_r

本当に坂の町です
なんで、こんな地形の所が栄えたんだ?
やっぱグラバーのせいだろ(悪い人ではないと思います)

食欲もなく、ちゃんぽんを食べる気もしないですね。
Img_4745_r
偶然通った眼鏡橋だけ見てビジネスホテルへ。
数件ことわられますが、なんとか安宿を見つけ
体を伸ばします

コンビに弁当を食べたら、力尽き
22:00就寝
明日はちゃんぽんを食べれるくらいには回復したい
ものです

明日の予定

長崎市を周遊し佐世保へ。
でも、まだ80kmぐらい手前です遠い!グラバーめ!!

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

68日目南島原市 20090611

佐賀・佐賀市 → 長崎・南島原市
114km
Photo

朝は7:00ごろ起床。寝すぎです
体調が悪くて睡眠時間が長いのかも

しかし、気のせいか、イボが柔らかくなってる気がする
休養の効果か
Img_4634_r

9:30ごろまでパソコンをいじります
出発し、国道444号線へ。
Img_4636
このあたりもきっと干潟を埋め立てた地域じゃないかな

Img_4646_r
今日は空がキレイ
Img_4647_r

鹿島市道の駅鹿島で中学生が干潟に入って
遊んでいます。
「ガタリンピック」で有名な所ですね。
Img_4638_r

ガタスキーで競争してます。
まぜてもらいたいが、本気でドロドロですね
イボリンピックなら出るんですが
最後はレースそっちのけで、倒し合い。
Img_4641_r

バス停
Img_4655_r

「国道207号線」に入り17:30佐賀県から長崎県諫早市かな(?)
に入ったところで、「堤防道路」があります。
Img_4661_r
きっと諫早湾の干潟の農地利用で問題になってた所
です。

まっすぐで快適ですが、虫が多い
確かに、干潟ってめっちゃ虫がわきそう。

右(諫早市側)はこんな
Img_4670_r

左(海側)はこんな
Img_4662_r
道は7km続きます。

16:50には橋を渡りきります
この先に町があるのか不安ですが、風向きも
いいため島原市を目指します

いい道です。
島原城に寄ったり。
Img_4682_r
島原市は都会ですね

Img_4678_r

19:15南島原市の道の駅「みずなし本陣
ふかえ
」に到着。
本日はここで寝ます。久々の100km越えです^_^;
いつ以来だろ?
たぶん九州の右の方を走ってた頃でしょうね。

雲仙・普賢岳がドーン
Img_4686_r

しかし、なかなかブログが追いつかない・・
19:30から22:30まで頑張ってブログ1日分って。

さらに喉と頭が痛いです。
こりゃ本気の風邪ですね

食欲もないので、おにぎりだけ食って寝ます。
が、風が強くて寝れないー。

明日の予定

長崎へ。
ということで、長崎のビジネスホテルです

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

島原半島 20090612

前輪の左の荷台が完全に壊れました。
後ろにつけて、重いものは背負うかぁ(=_=;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

67日目佐賀市 20090610

佐賀・佐賀市(吉野ヶ里)
0km
2_4 

朝は6:30ごろ起床。雨です。
本日は休暇
パソコンを打ちます。
12時までやってても、2日分の更新がやっと

12:30吉野ヶ里遺跡へ

外はガンガンに雨が降っています
Img_4583_r

佐賀駅。この旅では初電車ですね。
Img_4586_r
しかし30分に1本って
結構、メインの路線じゃないの?
裏の入り口が有人改札でビビッタ
Img_4630_r_2   

2駅先の神埼駅は完全に田んぼで有人改札で、
客はわたし1人です。
本当に県庁所在地なのか不安です。
Img_4588_r

8分ほど歩いて、靴はビショビショ
吉野ヶ里公園西ゲートから展示があるところまでは
さらに8分ほど、ズボンもビジョビショ
Img_4594_r

Img_4593_r
通れません

しかしね、この展示が結構すごい
Img_4614_r
高床式倉庫

Img_4598_r
竪穴式住居
中にも入れます
Img_4595_r

実際の遺跡の柱の跡の上に立ててるそうです
驚いた
1メーターぐらい土を盛って、その上に建ててる
らしい。
奈良とかだったら、厳重に保護してるんじゃないですかね?
ガラスケース入りとかで

死んだ人が埋まってた甕なんかも本物を触れる感じです。
Img_4601_r

Img_4603_r
3000ぐらい出没して400ぐらいに骨が入っていたそう。

Img_4600_r
ちなみに、この公園はもともと発掘はされてたんだけど、平成に
入って工場誘致やらでつぶされそうになったが、王家の墓
みたいなのが出てきて公園として管理されることになったそうです。

王家の墓
Img_4625_r

Img_4624_r
甕の底の破片



Img_4613_r
入っていいのかわからない建物に登ったら、「大事な会議中です。」
って言われて、びっくり
Img_4617_r
出て行こうとしたら、マネキンのことね

Img_4618_r
女性のファッションは誉めとくべきだろうと
「お似合いですね」と言ったら微妙な顔をしてました
女性とのコンタクトは難しいものです
普段この格好で出歩くことはないらしい念のため

帰りも、雨の中を15分ほどかけて駅まで
Img_4629_r
吉野ヶ里公園駅の客は3人ほどかな。
もちろん有人改札で

佐賀市をウロウロして、散髪屋へ行きます
考えたら2ヶ月散髪してないですね
実は、家の隣の散髪屋以外はほとんど行ったことないです。

「どうしますか。」
「適当に」
「顔も普通に剃っていいの?」
「はい、適当で」
2ヶ月間伸ばしたアゴヒゲまで剃るかな・・
まぁいいんすけど。気に入ってはなかったです

にあたりすぎたのか、あまり食欲もなく
あとは宿に戻り、無料のランドリーで洗濯だけして
ダラダラしてたかな

明日の予定

雲仙を見に行きます。登らないですよ
ということで島原の道の駅

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (1)

66日目佐賀市 20090609

福岡・大牟田市 → 佐賀・佐賀市
72km

2_2

朝は7:00ごろ起床
大牟田市のビジネスホテルの朝です。寝すぎです。
Img_4553_r_3
朝ごはんを頂き、パソコンを打って9:30ごろ出発

本日のお目当ては自転車屋さんです。

平坦な道です。走りやすい。
柳川市ではウナギのセイロ蒸しを食べます。
Img_4562_r_2
ふわっふわでうまい。

大川市は家具屋ばっかり
Img_4567_r_2
そこで、家具の協会に取材。
大川総合インテリア産業振興センター」という
ところで資料がもらえることになり、ちょっと
引き返して訪問。やった
Img_4574_r_2
しかし、この格好ではマズイっすね
スーツでは走らなあかんかな。

家具の生産額の推移をみると、10年で半分以下に
まで減少しています。他の産地よりも減少幅が
大きいですね。
コメントは書いてないですが、高級家具の扱いなので、
ホームセンターなんかで売られる海外品に押され、
また婚礼家具も厳しいでしょう。

「筑後・大川の家具」としての知名度を上げたいですね。

さて、すぐに佐賀市に入り14:30ごろ「サイクルベース
あさひ」に到着。
Img_4578_r_2
荷台が壊れてるのは、福岡で付けて貰えることに
なりました
積載重量は3kgだとか。そんなんで生活できまへんわ。
しかし荷物へらさんとダメですね

無料でブレーキの調整なんかもしてもらって16:00有明湾に
沿って長崎に向け南下を始めますが、天気が・・

明日は雨らしいということで、引き返して佐賀市で
ビジネスホテルに入ります。
節約しなあかんのにぃ

しかし、雨のおかげで吉野ヶ里遺跡には難なくいけそう

たぶん県庁の写真。
Img_4581_r_2
県庁所在地14個目

夜はガイアの夜明けで「サイクルベースあさひ」が
出ていました。テンションあがりますね

確かにサービス面には力を入れてると思います。
専門店なんで安心ですしねぇ。
そんなに、店舗を増やす必要はあるのかな?

しかし、本音は日本1周旅行者のために日本海側にも
お店を作って欲しい~
日本1周御用達の店になってもらいたい

明日の予定

吉野ヶ里遺跡へ。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

65日目大牟田市 20090608

熊本・熊本市 → 福岡・大牟田市
74km
2_2

朝は6:00ごろ起床
朝ごはんをごちそうになりました。
3日間ありがとうございます

さらに、うちわほか、気を使ってもらいすいませんでーす。
Img_4582_r

朝は子供のいる家庭なので、忙しいだろうから邪魔
しないようにしていたのですが、子供が見送りをしてく
れるというので、出発します
最後に一家の写真とっとけばよかった

Img_4509_r

ずっと手を振っててくれました
いい家庭でした
いやー出来るなら戻りたいですねぇ。
というか、まだ戻れるかも

本日の目当ては時計店とドコモショップ
8:30ぐらいに熊本市街に到着します。
ちょっと商店街をウロウロして、まだ店は
あいてないので熊本城
Img_4515_r
休憩所でパソコン利用

10:00過ぎに時計店へいきます。
Gショックにヒビが入ってるのを相談します。
Img_4512_r
案外「注文できますよ」と軽い回答
本当かいな。10年以上前のものですが・・
しかし、移動しながらどうやって注文するかは問題。
そういうことが可能なチェーン店とかないかな?

11:00開店を待って熊本ラーメン「こむらさき
Img_4529_r
きっと熊本ラーメンのベーシックタイプですね。
Img_4525_r
うまい
なんだか、いつも持ち歩いてるマルタイのインスタントの
棒ラーメンにそっくりな味です。
もちろん店の方が格上ですが

そして、ドコモショップも開店
パケホーダイダブルに換えたらどうか、と相談
5月だったら通信料9000円払ってたのが4000円を
切る感じ
4月だったら通信料13000円払ってたのが4200円
かな
すぐに申し込みます
もっと早く相談しとくべきでした

日本1周するつもりの人は、先にドコモで相談して
おくことがオススメです

井上雄彦 最後のマンガ展
Img_4536_r
「スラムダンク」や「バガボンド」の人気作品の
作者です。
宮本武蔵を題材とした「バガボント」の書き下ろし作
の展示ですね
マンガと言うよりは書画の展示のようでした
ただし館内撮影禁止

14:00熊本市を離れます。
そして、マンガ展で気分を盛り上げた宮本武蔵の最期の
洞窟「霊厳洞」に行こうとしますが、見当たらず進んでしまい
ました
きっと、山の方なんですね
ちゃんと下調べをしましょう

道は平坦です。ちょっと狭かったりもしますが。
Img_4539_r
玉名市荒尾市を通過し、17:30頃に
福岡・大牟田市に到着

福岡!!福岡って広い
えらいこっちゃ。
佐賀と熊本が隣接してなかったなんて
大阪人は、まだ誰も知らない情報ですね

18:00頃に公園を見つけて、早めに切り上げようと
します。
Img_4546_r
が、天の声の連絡が
「その辺はやばいからやめとけ。血気盛んな若者に
テントを襲われるぞ
そのシチュエーションでは得意技の、遅れていって相手
を動揺させ、船を漕ぐ棒で殴る、という戦略も通用しない

のでビジネスホテルへ逃げ込みます
不敗伝説は続く

明日の予定

佐賀市で自転車屋さんに行きたいです。
と書いてる今、佐賀のビジネスホテルです
吉野ヶ里遺跡へいこうかな。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (6)

64日目熊本市 20090607

熊本・熊本市(阿蘇山)

0km + 登山
2

朝は7:00ごろまで寝てました
で朝食を頂きますありがとうございます
にぎやかです

子供達はプールに行くそうなので、別行動で阿蘇山
出発。
ビュンビュンとばし、平均時速50kmぐらいで快走
Img_4426_r
いやー、40kmぐらいの登りを1時間弱で
Img_4476_r
ふぅー、快走快走

登山の間、たのさんは駐車場で阿蘇の風に吹かれ
寝てるそう

登ったことも、ここまで来たこともないらしい。
地元民はそんなものかな。
Img_4425_r

10:25のロープウェーに乗ります。
Img_4428_r
そして火口までは5分程度です

しかし、登山時の注意看板があります。
Img_4429_r
「火口付近には、有毒な火山ガスが流れています。呼吸器疾患をお持ちの方は、登山を禁止します。」
これがですね正しくって、風下を通った時に、ちょっと
「ぜん息」が出ましたね

Img_4432_r
二酸化硫黄ってのがアカンみたいです。
ってことは硫黄温泉なんかもあまりよくないのかな。
気をつけよう

しばらくはゆっくり進みましたが、中岳に登るころには
回復
11:45分ごろ阿蘇山山頂の「高岳」です。
Img_4454_r
高岳では「ミヤマキリシマ」が咲いていますよ
Img_4459_r

Img_4462_r

下山道も、火山とあって、こぶしぐらいの石が
固められてる感じで歩きにくいです。
Img_4468 
ほとんど平らな地面がないですね。
これを登ってくる人は大変だなぁ。

駐車場下山は12:50ぐらいですね。
3時間弱ですが、しんどかったー

阿蘇山の火口付近は植物も生えず不思議な景色が
見れますが、やっぱり阿蘇といえばこういう景色でしょ
Img_4482_r
↓この見えてる範囲全部がカルデラの中。スゲー
Img_4479

Img_4484_r

おっさん二人で生乳ソフト
Img_4488_r
濃厚
阿蘇山きれいです。「しんたま世界遺産」に認定
いやー、是非チャリで走って欲しいオススメ道です

で、いったん戻って休憩し、ラーメン屋へ。
熊本ラーメンです。ネギチャーシュー麺。
チャーシューが分厚いです
Img_4489_r
おっと、誰か写りこんでますが、顔出しです。
知った人に素性が知れるとヤバイらしいので。
これが見せれる限界ベールに包まれた存在な方で。

しかし、子供の服にみっちりとアイロンをかけてたのに
自分の服はゆるゆるラガーシャツっすね

さて、お家へもどったら、子供たちも帰っていました
撮影大会
Img_4492_r_2 

この写真↓、お気に入り。いいでしょ。
Img_4495_r

おパンツ姫の新体操演技です
Img_4496_r

ほんとかわいらしくて、楽しそうです。
Img_4501_r
奥さんもいい人で、暖かい家庭でした。

子供が寝た後は、風呂へ
Img_4505_r
これがね、洗い場なんかの床が畳敷きでいいのですよ。
い草ってのが熊本らしいし、すべらないし、ころんでも
大丈夫な感じで子供には安心だと思う

また帰ってビールを飲んで語ります。
とは言え、ほぼ会社のイタい先輩のバカ話だけで
時間一杯
たのさんにしてみたら同僚かな。

そうして酔っ払って24:00頃就寝
運転お疲れ様でーす。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

63日目熊本市 20090606

熊本・上天草市 → 熊本・熊本市 
77km
Photo
どうも地図の縮尺が難しいな

朝は4:30起床
熊本・上天草市の松島っていう所のキャンプ場の朝です。
Img_4377_r

出発準備をして、6:30昨日も行った風呂屋です
Img_4378_r
風呂と言うよりは、ウォシュレット付きのトイレを目指して来た
かもしれませんが
トイレには、結構お金も時間も使ってますよぉ。
朝から店に寄ったりしてるのは、それもあったり

今日の行程は、熊本市です
60kmぐらいです

Img_4380_r
松島五橋っていうのが、観光橋になってるみたいです
けど、狭いんすよねぇ。はっきり言って自転車泣かせ
Img_4384_r
橋の前後も怖くて、写真を撮ってる余裕なし


天草四郎メモリアルホール。みてないけど。
Img_4386_r

そして、宇土(うと)に入り、10時ごろより、道の駅で
ブログを打ちます
12:30再出発

多分、この辺も干潟です
Img_4400_r

昼飯
Img_4408_r_2 

Img_4406_r

そしてすぐに、熊本市です。

時間はあるので、コインランドリーに入ります
先輩の家に行くから清潔アピール

コインランドリーにいると、陣内・紀香の破局の
真相などに、やたらと詳しくなります
雑誌、古くない?

熊本に来たと言う証明用に熊本城へ。
あら
Img_4418_r
終了してました
なにはともあれ、県庁所在地えーっと13かな


先輩の家へ向かう途中に、「アウトドアショップシェルパ」
アウトドアショップは条件反射で入ってしまいますね。
ほら、すごいでしょ。お宝発見
Img_4423_r
コッヘル5個セットを熊本で購入
古いのは、ボロボロなんで捨ててもらいました。
Img_4420_r
15年使わせて頂きました。
5個セットは大阪でドコをさがしてもなかったんです。
モリタというメーカーが廃業して作るのやめちゃったので
どうしようかと思ってた。
金型を買い取って、ユニフレームというところが
作っているそうです。
いやぁ、すごいでしょ

興味ないですか、皆さん?
そうですか
中には、早く熊本の先輩の家に行けと思ってる人も
いるでしょ

しかし、この日は着くなりビール飲んじゃって写真なーし
馬刺しも出してもらって、めちゃ美味かったのに写真なーし
明日の記事には出てきますんで、すんません

おお、1枚だけ携帯に
この写真は「ご飯つぶ王子」としか名付けようがない
Cid_01090608_234238_____f704idocomo
表情が豊かで、めちゃかわいい

しかし、かなり自然な流れで泊まってしまいましたね。
そんなに一緒に仕事した期間もカブってないのに。
影でコントロールというか神のお導きですな
お邪魔しましたー。

明日の予定
阿蘇山といいつつ、今は大牟田市のビジネスホテル
で明日は佐賀ですね。
ブログ遅れすぎ

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (6)

阿蘇山 20090607 NOW

阿蘇山頂です。
後ろが深山霧島って花なのかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

熊本城 20090606 NOW

熊本きました。
しかし、城の拝観時間は終了

| | コメント (3) | トラックバック (0)

62日目天草市 20090605

鹿児島・長島町 → 鹿児島・天草市 
90km
Photo
サイズ間違えたな。

朝は4:30起床。
鹿児島・長島町のログハウスの朝です。
さすがに快適です
Img_4299_r

本日はとりあえず、フェリーにさえ乗れれば
、あとは予定通り、松島って所につく筈です。

9:15までに20kmほど先のフェリー乗り場に行けばいい
ので、7:10出発

Img_4303_r
やはり島を横断するとあって峠ですね
ちゃんとした山道は久々です。
ちょっと時間が心配に。
そして、県道とあって、看板がわかりにくい
ですね。

しらない港です。
Img_4304_r
うわ、道まちがってもうた

さらに、本来の道にショートカットしようと
すると
Img_4305_r
急がば回れですな
諦めかけましたが、フェリー1本遅れたら
2時間の遅れなので間に合わせねば

と懸命に走り、結果としては10分ぐらい前には到着
50分ぐらい余裕をみといてよかった~
Img_4323_r

10:10熊本・天草市に到着。
Img_4321_r

そして快適道です。
Img_4327_r

Img_4334_r

11:40天草市街地に到着。
さっそくランチに刺身定食。
Img_4341_r

で、天草切支丹館を見学。
島原の乱など歴史の勉強。
天草四郎は、周囲に担ぎ出されたみたいな
印象があるようですね。
Img_4343_r
お歯黒をして、髪を茶せんに結んで、呪術的な出で立ち
だったと書いてます。
だいたい茶せんに結ぶってどういうこと?

驚異的なスピードでお腹が減ったので、館の親切な女の子に
オススメのお店を訪ねます

「どっか、いいお店ないですか」
「この通りをこう行ったところに魚の定食屋が」
「おぉ!オススメですか?」
「いえ、そんな訳ではないです。」
ちゃうんかい!

このやり取りが3回繰り返され、4回目。
どうしてもオススメとは言いたくないようなので

「どっか、いいお店ないですか」
「この通りをこう行ったところに海老の定食屋が」
「おぉ!でもオススメではないんですよね?」
「いえ、そんな訳ではないです。」
やっと、オススメが聞きだせました

ランチ2食目「海老の宮川・海老天丼」
Img_4346_r
うまいです。
さすが、海老の販売もやってる店だけあってプリップリ
Img_4348

あとはループ橋を渡り、天草の上島に行き、国道57号線
をひた走ります。

通称「タコ街道」
Img_4357_r

Img_4385
カニもあるし。
チコタンか!(分かる人いるかな?トラウマソングらしい)

ちょっと雨がポツポツ。

知らなかったが、梅雨入りしてるらしいですな。

18:00天草市の松島という所に到着。
お風呂に入って、19:00キャンプ場へ。
ですがな。

宿をとればよかったと後悔しながらも、炊事場の
屋根の下にテントを張らしてもらいました。
Img_4375_r
食べに行くのも難しく晩飯は抜き。昼2食でしたが
雷にビビリながら寝ました。20:30就寝。早

明日の予定

熊本市にひた走り。コインランドリー、着るものがない。
で、熊本で先輩の家に御厄介になろうかと。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

61日目長島町 20090604

鹿児島・いちき串木野市 → 鹿児島・長島町
80km
Photo

朝は5:00起床。
ビジネス旅館の朝です

快適でした。お魚ご馳走様です
Img_4272_r
7:15に出発
国道3号線です。

この辺りは平坦ですね
難なく、薩摩川内市(さつませんだい)、阿久根市を通過。


12:00には、3号線を熊本市方面か、島を渡る天草市方面か
悩みます。

国道369号線から天草方面に進むことに。
キャンプ場も多いのでね

長島
Img_4286_r

Img_4288_r
さすがにアップダウンが多くなります。
明日が不安

15:00頃には本日の予定付近の道の駅長島に到着。

もっと進むか考えますが、フェリーがあるのと
キャンプ場がないため、珍しく早めに行程終了

青少年旅行村と言う所に行きます。
シーズンオフでやってない。とか。

そんでも、バンガローが空いてるから。って
Img_4290_r
1棟8000円とか書いてるように見えますが
ゼロを3つ取って、8を引いたぐらいの金額で
使わせてもらえることに。
なんと優しい

水もコンセントもないですが、そりゃーテントに
比べりゃ充分
Img_4291_r

ちょっと、長島海中公園てところに行こうと
しますが峠だったので引き返す

温泉に入ります。300円
Img_4294_r
露天で泉質もよく、肌スベスベというか通り越して肌ヌメヌメ
昆布になった気分。

Img_4296_r
カンパチ丼を食べて、バンガローに戻り、
かなりじっくりと地図を検討します。

峠が厳しそう

22:30就寝

明日の予定

フェリーで天草市に。熊本県に入りますよ。
天草中心部を通って、天草松島ってあたりまで。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

60日目いちき串木野市 20090603

鹿児島・いちき串木野市
STAY

が降ったんで、ダラっとしとりゃした。
Img_4268_r
やっぱ、雨の写真は伝わりにくい

色々したいことがあったのに、テレビがあると
ダメですな
やったのはレシートの整理ぐらいですねh
報告できないぐらい無駄遣い・・というか食費

Img_4273_r

お宿が快適で、素泊まりだったんだけど
「甑島(こしきじま)から鯛が届いたから
よかったら食べて」って
Img_4265_r
よかったらってレベルじゃないよね

晩も。
Img_4269_r_2
ごはんが、御ひつになって、イカから焼き魚まで
そりゃ、もう美味かったですありがとうございまーす。

お風呂で、掛け湯をしたときにイボが取れたか
と思ったが、小さめのナメクジが流れてった。

以上

明日の予定

長島から天草の方に渡ろうかと。

と書いてる今が、まさに長島のキャンプ場の筈です。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

59日目いちき串木野市 20090602

鹿児島・枕崎市 → 鹿児島・いちき串木野市
75km
Photo

6:00起床
枕崎市のビジネスホテルの朝です。

思い切ってブログを更新するので9:30まで
ホテルにいます

出発して、すぐにブレーキがおかしいことに
気付きます
昨日、自分でいじったのがおかしかったみたい

ディスクブレーキはわかんないや

自転車屋さんを見つけて、直してもらいます
Img_4225_r

なんだか、ワイヤーがきっちりはまって
なかったのかな。
初歩的なミスです
暗がりで作業したんでね。と言い訳。

そして10:50再出発。

海岸ルートと内陸ルートとあったんですが
海岸は険しそうなので内陸に。
やはり、登りはないほうがいいです。お尻にも
Img_4227_r

ルート選択が正しかったのか、多少のアップダウンは
あるものの難なく12:15南さつま市に到着。
Img_4231_r

昼食を食べて、万世特攻平和祈念館という所
に行きます

その名の通り、特攻などで亡くなった死者の方
なんかを奉ってます。
Img_4234_r
平成に入って、吹上浜から引き上げられた「零式水上偵察機
遠浅の海に沈んでいたそう
乗組員は3名とも助かったそうですよ。

2階には特攻隊員の遺書なんかが展示してあります。
遺書のほとんどが、家族や周囲の人々に対する感謝の
気持ちで埋め尽くされています。
そういう感謝すべき大切な人のために自分は、命を投じて
尽くすのだ、と。

戦争の問題は別にして、こういう「大和魂」には心を打たれます。
涙なくしては読めないですよ

別の話ですが、「片道だけの燃料を積んで飛行した」
っていうのは嘘らしいですね。
むしろ燃料は満タン積んで、敵の火災被害を狙った
そうです。

14:15サンセットブリッジ
Img_4238_r
自転車専用の橋で、こんなにしっかりしたのは
珍しい

曇り空の中を快適に走っていたのですが、雨情報
もたらされ、1時間ほど地図やネットを調べます。
天気情報、この先の町の情報、キャンプ場、お宿

しかし判断つかず

なお、日本三大砂丘の1つ、「吹上浜」の周辺を通る
のですが、大きなミスで見れませんでした
おっちゃんの話を聞いて、勝手に国道から見える
ものだと解釈してたら、国道からは見れません
Img_4239_r
結局端っこしか見てません
残念。

ちなみに日本三大砂丘
「鳥取砂丘、吹上浜、遠州灘砂丘(浜松あたりらしい)」
九十九里浜も入るのかと思ってた
解釈は色々あるでしょうね。

17:00頃になって、いちき串木野市のキャンプ場に
電話しますが、当日では無理なようです

少し進んだところに野宿向きな海沿いの公園が
あります

地元の方に寝ていいか聞きますが「雨が心配」と
返されます。
携帯で確認する限りでは、やばいっすね
Img_4250

結局、軟弱ですが、「いちき串木野市」の3000円
のお宿をとります。連泊も想定してのこと

いちき串木野市はマグロラーメンです
これがね、よかったのですよ。
Img_4251_r
マグロの頭でとったダシというのがとても
美味かったですね。マグロの竜田揚げもGood

「蘭蘭」という中華料理屋さんです。
わさびを入れてもいいんだって
Img_4254_r
これは、是非、小腹がすいたときに食べに来て
下さい!!

20:00宿に入ります。
快適設備、備品の種類はホテル以上

久々にテレビをじっくり見ます。
テレビを見るのって旅に出て3回目ぐらい

間寛平のアースマラソン
Img_4257 
格好いいですね。
ジョギングで1日に50kmですよ。
わたしが、70kmそこそこなのに
ロッキー山脈なんて標高3200m。すげー

しかし寛平ちゃんもお尻が痛くて悩んでるとか。
つらさが良くわかります

しかし、テレビは見続けてしまうのでよくないですね

24:00就寝。

明日の予定

天気予報通りなら休暇。
ということで、テレビ見まくりでした
この先「天草」を通るものか悩んでます。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

58日目枕崎市 20090601

鹿児島・指宿市 → 鹿児島・枕崎市
54km  + 登山
Photo  

5:00「バシィ、シュウ」という音で目覚めますテポドン??

朝の5時からキャンプ場の敷地内でゴルフの
練習をするなよな~
Img_4135_r
白いのの奥ですが、かなり近いです。

水滴がついているため8:00まで乾かしてブログ更新
Img_4137_r

開聞岳を目指します
非常にいい天気ですね。
Img_4136_r
道はなだらかなアップダウン
Img_4140_r

Img_4142_r

徐々に開聞岳が大きくなってきます

本州最南端の「西大山駅」からも開聞岳が見えます
Img_4146_r

Img_4147_r

買い物などをして、10:30開聞岳登山口に到着。

10:50登山開始。
Img_4192_r

思ってたほど暑くはないですね
木々が光を遮ってくれてます
Img_4162_r

地図は、図書館で探してもなかったんですが、
迷うような道ではないです

7合目からは、ちょっと南の景色が開けます。
Img_4168_r
同じ頃より、道がアクロバティックに。
すれ違うのも苦労しますよ。
お尻への影響も考え、気張らずに登ります
屋久島登山の時にイボができたんで、2つになったら困る
Img_4171_r

1度休憩をして12:35分開聞岳登頂
Img_4179_r
いい眺めです。鹿児島を含む半島がこんな形に
なっていたのかとよくわかります。
Img_4188

13:00下山を開始し、14:10登山口まで下ります。
ちょっと、アスレチック要素があるので
足元の弱い登山者は注意

その後もなだらかなアップダウンが続きます。
Img_4203_r
カキ氷を食べながら情報収集
Img_4207_r

本日は、あまり進んでも寝る所もなさそう
だし、電源は期待できません。
バッテリーがないです

枕崎市のキャンプ場も夏からの営業という
ことで、ビジネスホテルに泊まることに

17:00枕崎市に到着。

ブレーキの調整をしたり、買い物をしたり、
名物のかつおを食べたり
Img_4216_r

ブログ更新なんかに時間がかかり24:00就寝

明日の予定

ちょっと悩んでますが、内陸の道を
通って吹上浜やいちき串木野市を目指そうかな。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

57日目指宿市 20090531

フェリー(鹿児島行き) → 鹿児島・指宿市
55km
Photo_2  

6:10起床。鹿児島行きフェリーの朝です。
揺れが収まったのか、慣れたのか、ブログを更新
しかし、フェリーの時間で、ブログが遅れてるのを取り
戻せると思ったのに、ほとんど書けませんでした

絵葉書なんかも書きたかった。
まだまだ報告してない人がいるしね。
恥の報告になる気もするが・・

8:30鹿児島新港に到着
Img_4083
しかし、しばらく島を回ってたので、本土に帰ると
何をしていいのかわからない

しばらくドルフィンポートという所でコーヒー
をしていたが、すぐに目の前に女の子がわんさか
集ってきます
Img_4088_r

なんだか、わたしは邪魔者みたい

どうやらフリーマーケットの準備をしてるようです
目の前で、「シート忘れたぁ」って言ってます

前輪バッグに付けていたレジャーシートが丸見え
だったので、念のため「2回しか使ってないからね」
と渡してきました
もし名前を聞かれたら、「いえ、旅のもので、名乗るほどでは」
と言って、名刺を落として帰るつもりだったんですが、
案外そのままスルー。

丁寧にお礼を言ってくれたが、本音はキッタネーって
思ってるかもね

前輪の荷台を直しに自転車屋に行きたかったのですが、
鹿児島には「サイクルベースあさひ」はなかったです
佐賀まで行かんと

維新ふるさと館」というのがあり、行ってきました
Img_4090_r
西郷隆盛と篤姫を中心に展示。
Img_4093_r

Img_4091_r

ロボット仕掛けもあるシアターはすごかった。
300円はお得です。
Img_4096_r
朝なのに満杯。
ちなみに上の写真2つはロボットではないので、念のため。

で、探し当てました。白熊
天文館通りにある「むじゃき」というお店です。
Img_4098_r

氷がふわふわしてて、美味しい
デカイ
Img_4104_r
観光客やカップルが次々と訪れてました

Img_4107_r


12:40ぐらいになり、指宿を目指します
途中、道の駅でおやじライダーさんに
会います。かっこいい
Img_4112_r
茨城県のつくばからやってきてて、今から沖縄に行くそうです。
北海道にも行くらしい。
きっと途中で抜かされますね。
限定解除ほしいなぁ

指宿までの道は、アップダウンも少なめでいい道です

後半は海も見えます。
Img_4113

本日は、コインランドリーにも行きたいので、この辺で
終了しましょう

指宿エコキャンプ場という所に予約します。

行ってびっくりそこは指宿休暇村とうい所の
運営で、なんと砂むし温泉もあるよって
Img_4120_r
わたしの埋まる穴がほられました。

お願いして撮ってもらいました看板まである
Img_4121_r 
なははは。
重くて暑くて気持ちいい
温泉効果が3倍あるらしい
血行にもいい。って事はイボにも

なんだかんだで、キャンプ場に行ったのは20:00過ぎ
でちょっと暗かったのですが、カレーだけ食って
就寝。真ん中にあるのはテントを広げる前かな。
Img_4131_r

ところが、0:30起きます
バーン!」って。
テポドン??

どんな集団かは知らんが、0:30に爆竹音付きの
打ち上げ花火はアカンだろキャンプ場のそばで!!

これが安眠妨害パートⅠ
パートⅡに続く。

明日の予定

予定は買いもんだけ、でなく開聞岳。
もう1回、言うたった↑
そして、今は枕崎市のビジネスホテルです。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (1)

開聞岳 20090601 NOW

いい調子で登りました
天気もよい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

56日目鹿児島フェリー 20090530

沖縄・名護市 → フェリー(鹿児島行き)
24km 
Photo

4:30起床。本日は遅れられません。
仕事は、フェリーに乗ること。それだけ。

「屋我地ビーチキャンプ場」から、フェリー乗り場
までは20kmちょっと。
Img_3703_r

テントを干したりして、キャンプ場が開くのを待ちます。
Img_4048_r

沖縄の最後の食事はインスタント「沖縄そば」
Img_4047_r

9:10の出航なので、キャンプ場は早めに開けて
もらいました。
Img_4051_r

6:50出発
途中でにわか雨
Img_4052
沖縄はずっとこんな感じですなぁ。

しかし難なく8:10フェリー乗り場到着。

マリックスフェリーです。
Img_4084_r
行きに乗ったマルエーフェリーとは、交互の日程
で出てるみたいでし。

沖縄さよーならー
次に来たときには離島にいきたいよぉ。
Img_4061_r

ちなみに沖縄県は三次産業に依存した体質ですね。
これだけ海や山があっても、観光以外は難しいらしい。
本土に運送するのも大変だしね

もっとも、観光も今は新型インフルエンザ問題なんかで
厳しい様子

さて、フェリーですが2等室はちょいキツキツですね。
Img_4057_r

端の人は戸棚があるが、真ん中の人は荷物の
置く場所もないですね。
Img_4056_r

わたしは運よく、コンセントまであります

しかし船が揺れる。
行きよりもかなり揺れます。
フラフラです

行きはもっと作業できたのに

周りはビールとか飲んでますね。すごいな

わたしは、洗ったシャツを甲板で持って乾かすのが
精一杯。
Img_4064_r
この日は、ほとんどパソコンに触れませんでした。
写真もほぼなし。

あまり食欲もないが、チキン南蛮(夕)など。
Img_4081_r

シャワーだけ浴びます。

ほぼグロッキー状態で夜まで。
で、夜20:00就寝です

明日の予定

何も考えてません。
と、いいつつ、今は指宿でキャンプ中です。
本当の明日の予定は買いもんだけ、じゃなくって開聞岳
バッテリーがぁ

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »