« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

146日旭川市 20090828

北海道・西神楽町 → 北海道・旭川市
44km
Photo

6:15起床。北海道・西神楽町のライダーハウス
「タイムトンネル」の朝です。
相部屋なので、音には気を使いますね
しばらく、布団の上でゴロゴロしてます。
Dscf2139_r
6:50ごろに1人部屋だったチャリダーの女の子は
出てってしまいますね。
口説く時間がなかった

しばらくパソコンを打ったり、3人と話をしたり。
Dscf2142_r
雨予報でしたが、パラパラという感じで、雨具を
つけなくても走れるくらいです
こりゃ出発しない訳にいかん
まぁ旭山動物園ぐらいでいいかっと出発を決めます。

同じライダーハウスに泊まった日本1周ライダーSさん
も一緒です。
10:15出発
途中、小雨で雨宿りをしたり
Dscf2144_r

11:30旭川市旭山動物園に到着。
Sさんはバイクなんで30分前には到着して、ウロウロ
してる様子
最近は映画にもなり全国から観光客を集める旭山動物園
ですが、さすがですね。
すごい観光バスです
Dscf2183_r
動物園としての規模は大きくないですが、見せ方がうまい
そうですね
ただ、わたしが通るときには動物は向こうの方に
行っちゃうみたい。

キリン・ベストショット
Dscf2155

サイ・ベストショットはなかなか
Dscf2154

アザラシ・ベストショット
Dscf2167

トラ・ベストショット
Dscf2169

ホッキョクグマ・ベストショット
Dscf2163_r


そして、例のホッキョクグマカプセルから撮影
Dscf2160 







ペンギンだけはうまく空を飛んで(泳いで)いました
Dscf2179_r

そんなで15:15ぐらいまで2人で見学してましたね

Sさんとお別れして、旭川市に向かいます
着る服がないので、コインランドリーに行きたいのと、
パソコンを使いたいのと、頭が痛いのとで、宿で
ゆっくりすることにします。

16:40旭川市の道の駅に到着。

旭川市もアイヌの村があるようですね。

アイヌの人と話すことができました
すごくラッキーかも知れません。
わたしなんかはアイヌって格好いいぐらいに思って
いたのですが、本人達は隠しながら生活してる、
と言ってます。
わたしが北海道人だったら話さなかったみたい。
アイヌ語なんかも使う機会がないし、東京で勉強してる
学生さんなんかの方が詳しい筈と言います。
ただ、一部の風習なんかは、ひっそりと受け継いでる、
と言ってました。

折角なんで、もっと大々的に民族の誇りを持って受け継いで
もらいたいものですが、差別の問題なんかは難しいです

さて、宿を考えます。
数キロ離れた所にゲストハウスがあります。
3000円でバス・トイレ付き

ビジネスホテル的な個人部屋に泊まるのは久々ですね。
宿に行く前に、コインランドリーで洗濯

ランドリーを回してる間に、旭川ラーメンを食べようと
思い、2軒並びのラーメン屋から選びます。
・・痛恨のミス
九州ラーメンの店だったそう
Dscf2186_r
まぁ美味けりゃOK

そんなで、19:15葵ゲストハウスに到着写真は翌日。
Dscf2192
必死でパソコンを打ちますが、ブログが全く進まない

明日の予定

層雲峡という所に寄り道をしてみようかと考えています。
で黒岳。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

145日西神楽町 20090827

北海道・美瑛町 → 北海道・西神楽町
89km
Photo

5:00起床。美瑛駅です
Dscf2056_r
駅前の野宿でしたが、意外とぐっすり寝れました。
でも持ってる服はすべて着込みました

6:30に出発
旭岳のロープウェーに向かい東へ進みます。
本日も標高1050mぐらいまで登ります
それでも十勝岳登山のルートに比べると楽と
言われていて、確かに比べると楽です。
とは言え、標高1000m越えはキツイですよ
Dscf2062_r

途中の忠別ダムまでは平坦でした
Dscf2067_r
が、残り14kmぐらいは必死でしたね

たまに下りなんかもあるのが、その分また登るのか
と思うとムッとなります
でもバイクの人なんかからエールを送
られ励みになりますね
Dscf2070_r
あれに見えるが北海道最高峰、大雪山・旭岳
でしょう。
ちなみに大雪山という山はないらしい
この辺りの山の総称です。

10:30旭岳ロープウェー乗り場に到着汗だく。
着替えなんかをして、11:15のロープウェーに乗ります。
Dscf2073_r
本日はテントなんかは置いていきます。
観光登山ぐらいな山っぽいので

ロープウェーは片道9分で1500円

ロープウェー姿見駅から登山を開始します。
一応、熊よけの鈴も買いました

姿見池という所までは遊歩道になっていますね。
道もしっかりしている。
Dscf2081_r
ここからは石です。ゴロゴロしてます。
結構斜度もあります
Dscf2088
↑こんな道です。

見晴らしがいいので、迷うことはないですね。
さすが北海道の主峰とあって人も多い
遊歩道を抜けてからで50人ほどとすれ違ったと思います。
Dscf2090_r

さすがに2日連続の登山はストイックすぎるかと
思いましたが、足はサクサクと動きました

13:00北海道の主峰「旭岳」に登頂。
Dscf2096_r
ホワイトアウトでショック

何も見えません
Dscf2098_r
寒くて山用のTシャツ、フリース、カジュアルシャツ、
ウインドブレーカーを着込んでてもでも寒くて震えます

昨日と同じく、パンに富良野のジャムをつけて食べたり。
今日はちゃんと食パンです。うまい
Dscf2097_r

そのうちに晴れてきますね。
Dscf2105_r
景色はさすがです
ガレ場から草原地帯、森林地帯と見渡せます

さて、下りはガレ場で、2回ぐらいこけました

14:00下山
Dscf2123_r
ロープウェーの駅まで戻ると、もう寒さで震える
というようなことはありせん
1500円が高いので歩いて下りようと思っていたの
ですが、雨がパラついているので、ロープ
ウェーで下ります。
ちなみに絵葉書も1枚200円。高い!レジで笑顔でUターン。

ロープウェーを降りたところで、本日の宿を考えます。
決まりません。
とりあえず、道を下ります
標高が下がるにつれ、雨はやわらぎますね

「ひがしかわ道草館」という道の駅で濃厚な牛乳とおから
ドーナツを食べながら、また寝床を考えます。
Dscf2134_r

明日が雨っぽく、連泊もあり得るなら駅が近いところに
しようと、近くの西神楽町にあるライダーハウス
タイムトンネル」でお世話になります。
Dscf2140_r
19:00到着。
建物の外にログハウス風のお風呂もあります手作りだそう。
そりゃー寒いわね

着るものもなく、洗濯すると海パンにTシャツ姿です。
そりゃー寒いわね

宿はレストランもしていて、オーヴン料理というのも
あるので、ドリアを頂きましたうまいです
お洒落なレストランで海パンは違和感がありました
Dscf2137_r

部屋はトランクルームのような所で男4人部屋。
Dscf2139
女子部屋にもチャリの女の子がいてました。
もっと話たかったなぁ
23:00就寝。

明日の予定

雨なら電車で南富良野に戻りたい。
晴れそうなら旭川で旭山動物園です。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

144日美瑛町 20090826

北海道・上富良野町 → 北海道・美瑛町
98km
Photo_2

5:00起床。上富良野町にある「白銀荘」という、
登山口の宿の朝です
Dscf1905_r
相部屋なので多少、気を使いながら準備をして、
ラーメンを食べます
荷物を預かってもらい十勝岳へ出発

はじめは熊笹やハイマツの朝露で濡れたりしますが、
30分ほどで瓦礫ばかりの場所にでます。
Dscf1907_r
森林限界を越え、木がなくなるので見晴らしが
ものすごくいいです
Dscf1920_r
こんなに、町のほうまで広く見渡せる山って
そんなにないんじゃないですかね

Dscf1922_r
水平な視線の先にぽっかり雲、と影。

噴火口からは、もうもうと噴煙が上がってますね。
Dscf1923_r

Dscf1926_r

9:20「十勝岳」山頂に到着
Dscf1929_r

Dscf1946_r


なかなかいいペースです。
晴れてる日は気持ちいいです
Dscf1948_r

その後、「美瑛(びえい)岳」方面へ歩きます
まったく草木がなく、小粒の溶岩の道を歩きます。
シルクロードを歩く感じですね。
Dscf1954_r

Dscf1958_r

十勝方面は緑の大地に残雪が残ってる景色も見えます。
Dscf1978_r


Dscf1980
↑美瑛岳

11:20「美瑛岳」登頂。
Dscf1987_r

ここで、昨日買ったぶどうジャムでパンを食べます。
おいしい
Dscf1988_r
土台がアンパンなのが残念。
魚肉ソーセージもチャレンジ
Dscf1990_r
まずいわ

そういえば、美瑛岳山頂で電話がなります
前職の知り合いから。
おっと、やんわりと記事原稿依頼です?
もしかすると旅ライター可能性が出てきましたね
時間あるかな

美瑛岳からの下りは急です。
何度かこけました
Dscf2002_r
鎖場もあったり。
しかし、下りも景色が広がり、かなり気持ちのいい
道でした。
14:30下山

下りが思ったより、時間がかかりました。
白銀荘でのんびりします。
Dscf2012_r
キャンプ場も快適そうです。
スタッフさんが話やすくて、安らぐ宿でした。
オススメのメロン農家も教えてもらいました。

宿を出てすぐに、同じ吹上温泉のもう一つの風呂、
大露天風呂があります。
混浴です
はい、もちろん水着でおばちゃんが入ってるだけ。
ドラマでは宮沢りえが入ってたらしいのですが・・
Dscf2014_r
↑わかんないかな?

続々とライダーが現れるのですが、全員表情が暗くて
笑えます。
駐車場ではキタキツネが姿を現しますね
Dscf2022_r
エキノコックスという寄生虫だかがいる筈なので、
触ってはダメです。

16:00吹上温泉を出発
30分ほど景色のいい道を下った所で、「青い池
というのがあります。
ちょっと乳白色の混ざった青色の池に白樺の木が
立っています。
Dscf2032_r

登山の通過点として通った道で、こんなに幻想的な池が
見れるとは。頑張ったご褒美かなぁ。
Dscf2041_r

途中、教えてもらった農家の直売所でメロンを買います。
Dscf2044_r

お店の人と話をしてると、明後日は雨らしい
大雪山の旭岳には明日中に登るべきだと言われますね
ちょっとハードスケジュールです。
そうなると、寝床がありません
ライダーハウスがあるのですが、旭岳に登る
には早朝出発になります。
遅くに入って、早朝に出るのも寂しいので、野宿にします.。
人がいたら話したいし

美瑛駅が快適そうなので、美瑛駅で寝ます。
Dscf2058
駅寝ははじめてかな。
定食屋やコンビニに行って、23:30就寝

明日の予定

旭岳に登ります。
その後旭川市方面へ。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (4)

黒岳 20090829 NOW

黒岳です。
ちょっと頑張って登ってきました。
リフト、ロープウェイに間に合ってよかった
今日はユースホステルでも行こうかな〜。ぬくまりたいです
いい加減、ブログも書かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

143日上富良野町 20090826

北海道・富良野市 → 北海道・上富良野町
98km
Photo

朝は8:30起床。寝すぎてしまいました。
富良野市のライダーハウス「ログ由縁」の朝です。
Dscf1815_r
そういえば、夜にうなされるという神戸の学生さん
がいたのですが、5:00ごろに絶叫でしたね
一度、聞く価値があるので、探して添い寝してみて下さい

みんなで話をしたり、写真を撮ったりしながら、
10:10ぐらいまで準備にかかってしまいました

宿のおっちゃんに「十勝岳登山口まで行く」というと、
「この時間からは無理だ」とおどされます。
でも、行きます
10:10出発

おどされた割りには、まず「麓郷(ろくごう)」
という観光地に向かいます。
南東でちょっと反対方向です
北の国から」のセットなんかがあって有名なところです。
途中の道ですら、なんとも富良野らしい景色。
Dscf1817_r
農場が広がり、奥の方に山も見えます
Dscf1824_r

Dscf1827_r

11:45「麓郷」に到着
「五郎の石の家」と「最初の家」というのがあり見学。
Dscf1832_r

Dscf1840_r
とか言いながら、北の国からは2回分ぐらいしか見てない

お店で売っていたメロンを食べるとメチャ美味です。
贈答品はメロンに決定
Dscf1845_r
1kmほど離れて、ジャム園があります。
「アンパンマン」を書いた、やなせたかしのショップも
併設されてますね。
Dscf1850_r
で、ぶどう味のジャムを購入たしか260円。
Dscf1874_r
13:30急いで十勝岳方面に向かおうと思っていたのですが、
展望台というのがあり、飾ってる写真がきれいそうなので
登ります15分程度
Dscf1860_r
花畑があります。色のきれいな花ばっかり。
こういう所で育つと、発色もよくなるのかな。
Dscf1869_r
楽園ですね
Dscf1872_r

13:50いよいよ十勝岳登山口に向かいます。
まずは下りで、朝の富良野駅周辺まで戻ります約1時間。

行きたい所は多いですが、がまんして北上します
ラベンダー畑に沖縄の時の女の子がいる筈なのに~

国道237号線。景色もよく走りやすいです。
Dscf1881_r

15:30上富良野駅に到着。ここから登りです。
登山口の標高が1010mなんで、きっと
高度で800mほど登る筈です
3時間で登らねば。
コンビニで食料を買って、16:10上富良野駅を出発

はじめは軽く登っていたんですが、真ん中らへんを
過ぎるとすごい山です。
寒いのに、ボタボタと汗をかきます
あんなに距離メーターの100m単位の部分をチマチマと
意識しながら登ったことはないですね。
距離は20kmほどですが、まったく進まない。
Dscf1892_r
2時間経っても到着せず。
なんで山に登ろうなんて思ったのか意味がわかりません
時間も遅くなりあせります

なんとか18:45吹上温泉のある「白銀荘」に到着。
Dscf1896_r
明日はここから登山を開始します。
温泉は気持ちよかったです
ちなみに2段ベッドの相部屋で2600円
自炊室があるので、レトルトカレーと穴があいて
中身が出ていたジフィーズ(非常食)を食べて22:00就寝
Dscf1900_r

明日の予定

十勝岳登山。戻ったらのんびりしたいです。
と書いてる今は旭川のお宿。本日黒岳?

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (1)

旭山動物園 20090828 NOW

旭山動物園に来ました。
なのに、どうもアングル運が悪い
 
 
今日はほぼ動かず、遅れすぎてるブログを書きます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

旭岳下山 20090827 NOW

山頂。
 
そして無事下山。
雨がポツポツきたので下りもロープウェイ。
片道1500円。高い!
 
 
さて、美瑛まで下れるかな。
早く休みたい。ライダーハウスかユースホステルか徒歩宿かビジネスホテル

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旭岳入山 20090827 NOW

旭岳いってきまーす
ちょいとちチャリの登りに時間がかかりました。
 
降る前に終わらせねば。
雨は夕方だそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美瑛町 20090826 NOW

美瑛岳を終えました。
ほっと一息しようかと思いましたが、明後日から雨らしい。
 
地元の人いわく、旭岳はロープウェイを使えば登り2時間ぐらいと言うてるので、いささかストイックですが明日のぼるつもりです
そんで、ゆっくりします
 
しかし、いい寝床がないな〜。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

十勝岳 20090826 NOW

十勝岳登頂
 
晴れて気持ちよい。
 
ちょっと美瑛だけに行ってきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

十勝岳入山 20090825 NOW

行ってきまーす。
十勝岳を登り、いけそうなら美瑛岳にいきます。
その後は混浴、美酒など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富良野 20090825 NOW

富良野よすぎます。長居するかも。
富良野は来るべきです!
 
本日は明日の十勝岳登山に備え白銀荘と言う相部屋宿に入りました。
登山で、またブログ更新が滞るかも。
山の電波もわかんないっす。とか先に言い訳したり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

141日富良野市 20090824

北海道・奈井江町 → 北海道・富良野市
72km
Photo

夜9:30ごろに寝て、なぜか0:45ぐらいに起き
ます。まだ雨のようですね
なぜか寝れず、そのまま新聞配達が来るまで
起きてますね。
で次に寝て起きると7:30
寝坊です
Dscf1746_r
コンビニに行って、パソコンをいじるともう9:30

ちょっとチャリ旅人と話をしてると10時を過ぎます。
ちなみに雨はポツポツ
奈井江町の道の駅で、屋根があったで、雨でも快適。

10:00出発します。昨日の直線道路日本一の続きです。
Dscf1748_r
さすがに快適で、すぐに滝川市に到着。


ドコモショップで弱っていた携帯バッテリーを
交換します
1400円がポイントで無料

そこからは、東へ進むルートです。
「国道38号線」。
しかし、すぐに大雨です。梅雨ですか?
Dscf1757_r
うまいことローソンに逃げ込むことができました
コンビニ弁当で昼飯。
1時間ほどで雨はあがります

国道38号線は、登りを覚悟していたんですが、
ほとんど急な登りはなく快適です
平野の先の方に山が見えて、きっと北海道らしい風景
ですね。
Dscf1764_r
これが永遠続きます。

Dscf1769_r
↑きれいに見えるかもしれませんが、わたしの
アレルギー草のブタクサ。
こっから、マスクをして走行です


2時間ほどで芦別(あしべつ)市に到着。
道の駅で休憩。
Dscf1776_r
↑北海道大観音像

そこから少し走るとダムが見えます。
湖面が緑色に見えますね。なかなか眺めが雄大です。
Dscf1795_r

Dscf1800_r

少し、下り坂なんかもあり17:10ついに富良野市に到着
Dscf1804_r
駅で、行き先を検討します。ラベンダーの季節は終わったそう。
観光協会でパンフを漁ったり。
そんな事をしてる間に18:15。
いけそうなライダーハウスは1件です。

1000円の「ログ由縁(ゆかり)」さんでお世話になります。
Dscf1812_r
おお、ベッドだ

オーナーさんが10年かけて、ログハウスのコテージや
ライダーハウスを作ったそう。
露天風呂も手作りです。
チャリダーがいて、21:00消灯をずっと喋りこんで
風呂に入っていたら、ライトが消えました。
真っ暗スリル満点なお風呂です

その後も、神戸や京都の大学生と話したりで23:30就寝。
関西人、多いですね

写真とりましたが、内臓メモリに保存されちゃって
移動の仕方がわからなーい

明日の予定

富良野を目指します。
と、書いてる今は麓郷。明日は十勝岳かな。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (1)

富良野 20090824 NOW

やっと着きました。富良野駅。
しかし、もう観光する時間んじゃないです。
寝るとこ探さな〜。
 
しばらくは結構、宿をとるかも登山用の体調管理。安宿がありそうなのも理由です。
晴れておくれー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

141日奈井江町 20090823

北海道・江別(えべつ)市 → 北海道・奈井江町
65km
Photo

6:30起床。北海道・江別市の「森林公園キャンプ場」
です。
Dscf1701_r
「テントをたたもうとしたら曇りの予報だったのに
雨が降ってきます」、という文章はテンプレート化
します
インターネットで天気を見ると大崩れしそう
テントが濡れては、また臭くなって大変だ、
と大急ぎでテントを撤収します
なお、匂いベスト3は、
3位 テント 水臭い
2位 リュック ずっと背負ってる
1位 カッパ 絶対発酵してます
生き物を入れると、わたし自身が3位にランクイン

7:30出発。土砂降りですね
Dscf1704_r
朝から、靴下までびしょ濡れ。
30分ほどで、なんと24時間のマクドナルドがあり
ますね
店に入る頃に雨は小降りになります
結果としては、テント撤収の判断はよかったん
ですが、軒先で1時間ほど待機していた方がよかった
かも。
Dscf1706_r
無料コーヒーをもらえる筈なのにセットのホット
コーヒーにしてしまった
しかし、マクドナルドでバッテリーもお腹も回復

隣が本屋さんなので、10時になり本屋さんへ。
目当ての0円マップはありません。
国道12号線を出発

濡れない程度の雨は降っていますね。
↓たぶん石狩川。ドロドロ。
Dscf1710_r
本日の12号線はとても走りやすいです
12:10岩見沢市で買い物をします
ユニクロだとかスポーツデポだとか本屋だとか。
ついに0円マップを購入。
Cid_01090824_090306_____f704idocomo
安宿やB級グルメなんかが乗っています。
だいたい地図に書き込んでるので見やすいです。
ライダー御用達ですが、普段の自動車での旅行でもこいつを
持とうかなって思いますね。
ちなみに、0円ではなく900円ぐらいします。

で一番の買い物はカッパ。今までのが穴があいたり
防水性が落ちたり、臭かったり
安物だったし。
で、ゴアテックス購入。1万円引きの2万円です
Dscf1721_r
「自転車で大阪からなんてすごいですねぇ」って店員に言われ、
調子に乗り買ってしまいました。

贅沢しすぎですが、北海道登山を視野に入れると
必要なんで、出発時から購入計画はあったものです。

三笠市では15000円ぐらいで本物の機関車の運転が
体験できるらしい。350m一往復、高い
Dscf1724_r

そんなことで時間を費やし、16:30美唄(びばい)で、
直線道路日本一29.2kmというのがあるのですが、
これに取り付く頃にまた雨です
Dscf1733_r
小雨でしたが、心が折れました。
大きく休憩
こんなじゃダメですね。
大きくなったらクヨクヨしない大人になろう

17:30ほとんど走らず奈井江(ないえ)の道の駅
「ハウスヤルビ奈井江」に到着。
Dscf1740_r
快適そうだし、ちょっと体調もやや不安で、早めにここに決定
Dscf1746_r
写真は翌日。
ウッドデッキ、屋根付き付き、でキャンプ場だったら
1500円クラスの設備ですよね
そのつもりで道の駅で食事をして、キャンプ場使用料の
代わりにしてますが

20:00ごろには大雨です
21:30就寝

明日の予定

富良野を目指します。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

美唄市 20090823 NOW

日本一の直線道路。
ですが、朝土砂降りのところに、また雨。
気力が湧いてこない
 
こんな時はバナナでも食って、気負わずちょっとだけ進む感じかねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140日江別市 20090822

北海道・札幌市 → 北海道・江別(えべつ)市
63km
Photo

6:15起床
札幌市のライダーハウス「シューティングスター
ロマンス」の朝です。
1人部屋で、したい放題。テントが乾かーん。
Dscf1636_r 

↓オーナーは芸術家肌らしい。
Dscf1651_r

昨夜は全く交流はしなかったのですが、朝は結構、
札幌や北海道の情報なんかを教えてもらったり


そんなで、見送られながら8:45出発

Dscf1654_r
いい天気緑が多いです。

宿がかなり札幌の南にあるので、割と近い所にある
羊ケ丘という観光地に行きます。
40分ぐらいで到着。
Dscf1657_r
当然、羊がいます。クラーク博士像があって、雪祭り
資料館なんかも見れます。
Dscf1660_r

写生姿がマッチしていたので、お願いしてパシャリ
Dscf1670_r

よくありそうですが土産物屋でこんなん作った
Dscf1667_r
1枚500円。なかなかいい出来です
「見本に使っていいか」と聞かれました。
モデル顔なんで、仕方ないっすねぇ~

すぐ下には、今やウイルスの棲家、札幌ドーム
Dscf1672_r
そういえば、ニトリと書いたユニホームを着た人が
ぞろぞろ歩いてました。我、関せず

札幌の中心部に向かいつつ、宿に掲示されてた札幌ラーメン
てつやを食べます。巨匠の店らしい。
Dscf1678_r
うまいっすね
Dscf1676_r
味噌ラーメン。スープが好みです。オススメ

次は自転車屋です。ちょっと不安なので
1店目のお店で、軽く触ってもらうとやっぱり、
前ブレーキがやばいと言われます
このままじゃ危ないが、部品の取り寄せなんかしてたら
最悪7日かかる、と言われますね
札幌停滞も危ぶまれながら、教えてもらった次の店へ。
Dscf1685_r
サイクル小野サッポロというお店で、やっぱり
部品はない、と
でも調整すれば、マシにはなると言われお願いします。
その間、1時間半ほど喫茶店や本屋へ。
戻って、触ってみると全くちゃいますね
違う自転車かと思うぐらいブレーキが効きます
さすがプロ

しかし、ブレーキパットの交換か、後輪と同じく
キャリパーの交換をした方がいい、らしい。

大通り公園。本当に緑が多い。札幌は住むのにもいいですよ
Dscf1684_r

その後、札幌市資料館なんかを見学。
さらに、北海道大学へ。
Dscf1689_r
札幌は大学も緑が充実
敷地内でバーベキューしてますが・・
テント張っちゃだめかな

すでに時間は17:00
どうするか決まらないままに、サッポロファクトリー
という、文字通り、サッポロビールの工場跡を使った
アウトレットモールに行きます。
Dscf1694
モンベルでテントの縫い目を防水するシームテープや、
収納箸、ペグなんかを購入

ベンチで休憩し、寝床を考えます。
15kmぐらいの距離の江別市(えべつ)に、キャンプ場が
ありますね
暗くなるのは覚悟で出発
同じ宿で寝ても似たような距離ですが、違う町の方が走った
気がするんで
ブログ見てる人も、同じ町に居たらえぇって思うだろうし
そんな事を考えながら走ってブログ作ってます。
冒頭の地図も誇大表示ですとも

国道12号線です。
案の定、半分ぐらい進んで18:50ぐらいで、あとの10kmは
夜間走行ですね

ある程度、町の道ですが、運動公園に入ってからは心霊
スポットに来たのかと思うぐらい同じ所をウロウロ
Dscf1697_r
心配して管理人さんが迎えにきてくれました

快適そうな広い芝生のキャンプ場。
Dscf1699_r
夜間写真なんでそうは見えないですね
テントは20張ぐらいあります
400円。
22:30就寝です。
となりのテントの男4人がエロ話ばっかりしてて
うるさいやら、混ぜて欲しいやら。

そういえば、トータルで10000km越え
メーターに「9999.9」が揃うメモリアルな瞬間は自転車の
危機に追われていて、見逃しました


明日の予定

富良野を目指し、岩見沢市、滝川市ぐ
らいだと思います。
ちなみに朝は豪雨でびしょ濡れ。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

139日札幌市 20090821

北海道・余市町 → 北海道・札幌市
80km
Photo

7:30起床。昨日寝たのが22:30なので、ちょっと寝すぎ
です。北海道・余市(よいち)のライダーハウスの朝です。
同室の世界トラベラーさんと話をしたり、パソコンを
打ったり
雨だと思っていたら、あがってます。
Dscf1592_r
結局出発は9:45

余市町のニッカウヰスキー工場の見学に行こうと
しましたが、待ち時間がありそうなのでパス
Dscf1584
↑写真は前日のもの。

ちょっと商工会議所に寄ってみたり。

やっぱり余市町の産業としては漁業、農業ですね。
正直、わかんないです。
余市町は両方のバランスが良いと行ってました。
もちろん悪天の影響は大きい様子。

ウイスキー工場の代わりにフゴッペ洞窟というところを
見ました。
Dscf1595_r
写真撮影不可。
縄文時代の壁画の現物が展示

北海道の歴史は、各幕府が開拓に行った印象ですが、
アイヌにはアイヌの歴史がありますね。

本日は国道5号線です
昨日までとは打って変わって町の道ですが
結構、峠が多いです

松前や積丹よりも峠が多く感じましたね。
Dscf1598_r

1時間ぐらいで小樽市に到着。
観光はしないつもりでしたが、運河を少し見ます。
Dscf1604_r
観光客がうじゃうじゃ観光人力車もめっちゃ居ます。
あんな仕事でもいいなぁ。
決め手はモテルらしいんで

花畑牧場の出店でキャラメルを買ったり。
Dscf1609_r

そういえば、2粒だけ食って残りはサイドバッグの
中。ぐちゃぐちゃになってるかも

Dscf1613
↑小樽の町です。
滞在時間は短かったですが、雰囲気はすごく
よかったです
また来たいですね


札幌市を目指します。
Dscf1614_r
やっぱり峠があります。
そして当然ですが札幌近づくと、信号ばっかりになります。
Dscf1620_r
10日振りぐらいに見た


しかしマクドも食べる余裕なく、14:30札幌中央郵便局に到着。
健康保険や銀行印を受け取ります
やったー。ありがとうございます。

そして、ギリギリで銀行に滑り込み、カードの再発行の手続き
をしますがカードはすぐには貰えないですね。
通帳と印鑑があっても、三井住友の店が北海道には
1店のみお金出せない。

郵便局でも同じ作業をします。
郵便局は通帳だけでお金が下ろせるので、こっちに
お金を移します

そんな作業をしてると17:30。
本日のお宿は「シューティングスターロマンス
というライダーハウス。700円


Dscf1626_r
これは札幌時計台。そんなにガッカリしなかった。

Dscf1624_r
それより、普通に街中の車道を通り、信号待ちする
馬にびっくり。
乗馬したいな~
この運転?の仕事はモテルのだろうか

ライダーハウスは札幌市内だったのですが1時間半ぐらいかかり
ました。1人部屋ラッキー
Dscf1635_r
カツ丼を食べて、24:00就寝。
札幌では何をたべようか?ラーメンかな

明日の予定

札幌市を観光したいです。自転車屋さんも行きたい。
富良野方面へ岩見沢市ぐらいまで。
とか行って札幌に居るかも。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

札幌 20090821

時計台と馬。
普通に車道を闊歩してる。
信号守るもんですね
 
走りにくいが、久々の都会でウキウキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

138日余市町 20090820

北海道・積丹町 → 北海道・余市町
61km
Photo

6:30起床。北海道・積丹町のユースホステルの朝です。
パソコンを打ったり
Dscf1540_r
朝食は頼まなかったのですが、8:30に「ウニツアー
の号令がかかります。
そういえば、昨日飲んでいる時に、朝の漁でウニが
取れたらそのまま食べる!と聞いたような
急いで外に出ます
8人ぐらい。
どーん!
Dscf1537_r
漁師の息子さんは「半分ぐらい食べていいよぉ!」と。

もちろん、そんなに食べれませんが食べ放題ですね。
但し、自分で割ってキレイな部分を取り出すので、1個たべ
るのに3分ぐらいかかります。
Dscf1539_r
結局、わたしで10個ちょっとかな。
もちろん、おいしかったです
この時期は、ウニが採れれば無料提供らしい

そんなで、YHを出発したのは10:15
Dscf1567_r
集落に唯一の信号は、子供に信号を教えるために
設置されてるとか。

3kmほどの神威岬に向かいます。
近いけど、結構な坂です。汗だくに
駐車場に到着すると、同じYHの神戸の夫婦が居てて挨拶
遊歩道は20分ぐらい。
Dscf1549_r
積丹ブルーと言われる青い海。
晴れてたら、もっとキレイだろうなぁ。

Dscf1555
岬の先には同じくYHで昨晩飲んでいた大阪の女性
2人もいます。
わたしを含め3人とも昨晩YHで聞いた、トンネルに行きたいと
思っていたのですが、道がわからず断念

先に下りて出発しますが、岬の遊歩道の上から「オーイ」と
大声で手を振る姿が
きっと先ほどの女の子2人だと思うのですが、わたしに手を
振ってるという確信もないため、小さく振り返すのみ。
間違ってたら恥ずかしいから
Dscf1551_r

なお、駐車場を出る頃には雨がポツポツ
町まで急ぎます。50kmほど走ればOKです。

昨日は平坦でしたが、今日は峠がありますね
神威岬の方が有名そうなので積丹岬はパス。

コロッケを食べてたら、昨日話をしたチャリダーが来ます
手前のキャンプ場に泊まっていたそう。
ピアニストらしく、家の近くの関西大倉出身。
結構旅に出ているようですね。うらやましいです

14:20古平(ふるびら)に到着。
観光案内所で一休み
Dscf1574_r

先ほどのチャリダーとは抜かしたり、抜かされたり。
積丹半島はトンネルが多いですね。
Dscf1575
2km以上のトンネルが10個ほどはあったんじゃないですかね。
後半はちょっと恐いトンネルもありました。

15:30余市(よいち)の道の駅に到着。
ここまでくれば、いくらでも宿があります。
道の駅でしばらく考えます
Dscf1582_r
写真は休館中の「余市宇宙記念館、スペース童夢」
雨は強くなる模様
本日は余市町で終了します

余市町には一昨日のアザラシの子に教えてもらった1000円の
ライダーハウスがあります。
Dscf1585_r
17:00に入ります。
「ライダーハウス岡本」
Dscf1586
キレイな部屋に2人でで、ふとんもあって快適です。

近くの風呂屋で、コインランドリーを使います
2時間近くかかりますね
宿に戻ると、旅人がいてます。50カ国以上回っている方
だそうで、色々話を聞かせてもらいました
Dscf1588_r_2
22:30就寝。

明日の予定

小樽市を通り、札幌市へ。
郵便物の受け取りがあるので早めに行きます。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (4)

137日積丹町 20090819

北海道・ニセコ町 → 北海道・積丹町
104km
Photo

3:00起床。雨です
ブログを書きます。
さすがに途中で疲れて寝て6:00起床。
雨です
8:00起床。
雨です
9:00ごろにやっと雨はやみますが、本日の羊蹄山は
行程で9時間以上の道だし、このコンディションでジョギング
シューズでは不安だし。
登山は諦めます
Dscf1498_r
午前中「雲と天気予報のばかぁ」と300回ぐらい
繰り返しました
わたし、雨男だし、トイレにこだわるし、犬には吠えられるし
旅人としての素質はゼロですね

10:30失意の中、ニセコを走り出します
やはりペンション風の建物が多い。
Dscf1499_r
↑ニセコっぽい風景かな。
スープカレーが食べたかったが2軒とも
休みです
Dscf1504_r

ニセコ東山、ひらふなどを通ります。
Dscf1502_r
結局羊蹄山の山頂は見ることも叶わず


11:30倶知安(くっちゃん)に到着。
ザンギ定食を食べて、国道5号線を北上。
共和町なんかを通ります

分岐で、このまま小樽の町に行くか、ちょっと不安な
積丹(しゃこたん)半島にいくか悩みます。
明日の天気予報は午前は大丈夫そうなので、
積丹半島へ。
ユースホステルもあるので、久々の宿でぐっすり
寝ましょう

途中、ホームセンターではストーブの用意が
されてて笑います冬支度やん
Dscf1510_r
ちょっとテント生活は不安ですね

15:30岩内町の道の駅で入念に地図チェック
積丹半島に取り付きます
これが、意外と平坦ですね。
松前半島もそうでしたが地元の人が「奇跡の土木工事」
というだけあって、快適道です
Dscf1520_r
泊村神恵内(かもえない)などを通り積丹町へ。
Dscf1522_r

Dscf1531_r
積丹は海の青さで有名なはず・・ですがどんより。

35kmを2時間なので、わたしにしては、かなり早い
ペース
なにせ野宿で雨が降ったら気持ちが持たないので
必死
18:50ごろに暗くなってきますが19:15「積丹ユース
ホステル」に到着。
Dscf1533_r
一人部屋です。内装が新しくって快適
旅館並みですね。
料金も結構払いましたがね・・
財布と一緒にユースホステルのカードもなくなっちゃ
ってビジター料金です
奥にあるのは、もちろんストーブ。

食事も豪華です。息子さんが漁師らしい。
Dscf1534_r

これに焼きウニもつけました

今日は、グッスリ寝るつもりが24:30まで
話し込んでしまいましたwith


明日の予定

積丹半島でちょっと観光。
やっと小樽へ。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (4)

岩内町 20090819

結局、朝の雨で羊蹄山は諦めました。
しばらく天気は良くなさそう
 
そんでも積丹半島に向かおうかなぁと。
 
写真はホームセンター。
クワガタの下にストーブコーナーを準備中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

136日ニセコ町 20090818

北海道・寿都町 → 北海道・ニセコ町
79km
Photo_2 

4:15起床寿都(すっつ)の道の駅です。
漁師町の朝は早いです。
Dscf1458_r
昨日は21:30ごろに寝てるので充分なはず
パソコンをいじったり、今更はちまき作ったり。
Dscf1460_r
そんな間に8:30
そこに、自転車の女の子が登場
神戸出身で帯広に住んでいて、函館ぐらいまで
チャリ旅行をしているらしい。
この子も野宿らしく、いい根性してます
便乗して朝からさくらんぼソフトクリーム
Dscf1461_r
ゼニ研?(ゼニガタアザラシ研究チーム?有名らしい)の所属
らしく、9月の連休には宗谷岬で活動してるそう。
もしわたしの北海道1周の計画が遅れれば、宗谷岬で
アザラシを数えれます

9:30出発国道229号線です。
今日の予定はニセコを通り、羊蹄山に登りやすい
所まで行く予定。軽いっすね
郵便局に寄ったり。
Dscf1463_r
天気はパッとしないです

黒松内町なんかを通り13:00蘭越(らんこし)で買い物。
兄貴の誕生日プレゼントはウニとイカ。
お守りにとリュックにスルメをくくり付けてもらいました
Dscf1477_r



ここから道道267号線に入ります。
内陸になりますが、案外上り下りはなし。
Dscf1469

国道5号線に到着。
15:30ここからついにニセコ町ですね
しかし、ニセコって何があるんだろう?
スキー場以外はわかんないです。
でも函館から先で知った地名ははじめて

羊蹄山の筈の写真。見えない雲が多いっす
Dscf1474_r_2
明日の天気予報も悪くなって行ってる
Dscf1470_r
ひまわり達もそっぽ向いてます

ゆっくりしすぎでニセコの道の駅に16:00到着
宿泊地を吟味します。キャンプ場が多すぎ
寝床候補が10個ぐらいあります。
ニセコ東山プリンスを含めたら11個ぐらい
登山口にもキャンプ場はあるが、気負ってしまいそう

ニセコ駅。
Dscf1478_r

Dscf1479_r

ニセコ大橋。
Dscf1483_r
ニセコをウロウロします。
ニセコアンヌプリの山の筈の写真
Dscf1487_r
あれ、ちょっとポツポツ

引き返そうと思った辺りにお好み焼き屋発見「じゅう」
Dscf1492_r
おいしい大阪風です。モダン。

お客さんが多く、席が埋まってもお客が来たので
「ここ空きますよ」って言って急いで食べあげて
席を譲ったら、店の人がお礼にってトマトをくれました
Dscf1494_r
明日の朝ごはんか山で食べようっと

結局、ニセコ駅の近くのテント場に戻ります。300円。
Dscf1486_r
もうちょい、登山口に近づきたかったかな。

ちょっと町中のため、近所の人がバーベキューを
してたり、子供会の虫取り隊がヘッドライトの集中砲火を
テントに浴びせたり

でも21:00には就寝
うーむ、天気予報が・・


明日の予定

晴れて、体調がよければ羊蹄山登山。
雨ならどうしようっかなぁ~。
と打ってる今、午前3時は雨です。
テントがスルメ臭。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

135日寿都町 20090817

北海道・せたな町 → 北海道・寿都町
110km
Photo

5:30起床せたな町の道の駅です。
しかし、車のアイドリング音やちょっと降った雨の音
神経質のせいなんかで4時間ぐらいしか寝れませんでした
Dscf1395_r

外人チャリダーさんは6時前には出発しますね
旅人はあぁでなくっちゃ。
と言いつつ9:30までラーメン食ったりパソコンを打ったり

近くに無料施設があり、こっそり電源を使ってる所を見つかり
ましたが、セーフ
本当は犯罪だと思いますよ。気をつけよう。

今日もひたすら走ります
知らない地名を出て、知らない地名まで。
間に観光地もなし。
ちょっとインパクトに欠けるなあ
海があって、山があって、岩だらけでで、いい道なんですがねぇ。
ちょっとトンネルは恐いかな。
Dscf1401_r
↑海上風力発電

ほーんと岩をたくさん見ました。
Dscf1404_r
↑三本杉岩

この4日間ずっと松前半島を走ってますがほとんど峠
ないですね。
自転車向きで、素晴らしい
ただトンネルは恐いですが。
Dscf1414_r
14:00ぐらいまでずっと、せたな町です。
Dscf1422_r
↑思ってたより南国風できれいな北海道の海青い。


15:30島牧村でブログに書く用に無理矢理ウニ丼を食べます。
Dscf1430_r
うまい
注文してからウニを割ってる様子でしたからね。
あんまり、好んで食べる方ではないのですが
新鮮なウニはおいしく食べれました
金額は秘密です

さらに進んで、日が暮れるころに寿都(すっつ)
入ります。

山にちょっと夕日があたってる。
Dscf1439_r
弁慶岬と言って、弁慶が船を待つため毎日立ってたと
いう岬があります。
夕日と弁慶とライダーさんのマッチング
Dscf1447_r

ここに、朝の外人チャリダーがいますね
水道付きの休憩所があるので泊まるそう。

それ以上のコミュニケーションはできませんでした
もしかしたら、英語じゃないのかも・・。

Dscf1452_r
ついにセイコーマート(コンビニ)の会員になります。
北海道で7回ぐらい行ってる。
普通、この町にはコンビニはないだろって所にも
ドーンと立っています。地域の食を支えるコンビニ。

弁慶岬より5kmぐらい先に新設の道の駅があると
いう情報を入手しており、向かいます。
おお、炊事場もある
Dscf1453_r
不思議な寝不足が続いているので、今日は21:00
就寝

明日の予定

そろそろ、ニセコとか羊蹄山に向かいます。
そんで積丹、小樽、札幌ですか。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

島牧 20090817

ウニ丼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

134日せたな町 20090816

北海道・上ノ国町 → 北海道・せたな町
73km
Photo

6:30起床。
北海道・上ノ国(かみのくに)町の道の駅の朝です
Dscf1319_r
なんだかんだで5時間ぐらいしか寝てないかも。
天気ですね
Dscf1318_r
ちょっと暑いぐらいです。

いつも通りの仕度をして、8:00出発
すぐにコンビニで色々と買い込みます。
今日も店がなさそうです

全く知らない地名に向かって進みます。

江差(えさし)にはすぐに到着。
土方歳三も乗ったという開陽丸の模型みたいなのが
あります
Dscf1328_r
中を見ようかと思ったがし700円ぐらいしたので入らず
本物の開陽丸なら見たかった

江刺は古い町並みの保存にも努めている様子。
Dscf1335_r

ホームセンターでワッシャーを買います。
ネジと荷台の間が開いててグラグラしてるので
ルイガノLGS-GMTは荷台の作りが甘すぎますね。
しかし、うまくワッシャーが利いて解決
Dscf1341

本日はずっと海岸線です。国道228号線。
Dscf1340_r

乙部町という所では祭りをやっているみたいです。
Dscf1350_r
おっちゃんに「ポンジュース」をもらいました。
Dscf1353_r
愛媛気分。ありがとうございます。

途中のレストランで食事をします。
お盆で漁師さんが休みらしく、ウニ、イカがないらしく残念。
店で結構パソコンをいじったり

その後も海岸線を北上です。
国道は229号線になります。
Dscf1364_r
多少のアップダウンがあるものの快適

岩の多い地域もあり、親子熊岩とかがあります。
人に教えてもらいましたが、小熊の岩はよくわかって
可愛いかも。
親にじゃれてるように見えます。
Dscf1377_r
その後もたぬき岩、マンモス岩など。
Dscf1381
岩の名前って言うたもん勝ちなのかな?

16:15せたな町の道の駅てっくいランド大成という所
に到着。
Dscf1385_r
もうちょっと先に進もうと思ってましたが、キャンプ場は
35km先
途中にもありそうで、キャンプ場も山の上の模様。
珍しいですが、夕方で行動終了です

買い物をしたり、海水浴用のシャワーで体をあらったり。
兄貴の誕生日だったのですが、プレゼントを買うような店が
なかったですね。干物ぐらい

夕食は久々にご飯を炊きます
昨日キャンプ場でライダーさんに貰った秋刀魚缶
食べます。
Dscf1393_r
フリースを着て食べているのが信じれません

外人さんが近くでテントを張ってますね。
かなりな距離を走ってる様子。日本1周中。
あまり、会話しない人のようで助かったのかな
Dscf1387_r

明日も、まったく分からない町までです。
マクドナルドとかはなさそう。
充電がピンチです

明日の予定

まったくイメージできませんが松前半
島を北上します。島牧ぐらい?
その次は羊蹄山を目指します。
ブログ追いついた

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

133日上ノ国町 20090815

北海道・知内町 → 北海道・上ノ国町
109km

6:30起床。北海道・知内(しりうち)のキャンプ場の朝です。
Dscf1271
昨日、ビールを飲んだ鉄かぶとさんとチャリタケさん
と、朝から話をします。
まったり。
Dscf1268_r
昨日残したホヤを、食べ切りました
いやー、頑張った

ライダーさんは9:30ごろに出発。
日本1周チームはさらに話をして10:30にやっと準
備ができます
2人とも、ねぶた・函館を通ったので休み癖が
ついてるかも
お別れして、先に出発します

本日の行程は松前半島の最南端を通り寝やすい所まで
北上です。
町までは100kmほどありそう

出発してすぐに青函トンネルの入り口があります。
Dscf1274_r
へぇ、と思いながら眺めるだけですが。

13:10福島町千代の富士の記念館なんかがあり見学。
Dscf1281_r

Dscf1286_r
福島町の出身だったそう。漁師の家らしいです。
この時期、九重部屋が福島町に来ているらしく、
早ければ、朝稽古が見れたらしい。残念

ちなみに、夜にはチャリタケさんから九重親方を見た
とのメールがかなりくやしい

あとは、寝床確保のため、ひたすら走ります。
昨日に続き向かい風

14:20北海道最南端白神岬に到着。
Dscf1297_r
ちょっと視界が悪く、青森の竜飛がうっすら見えるくらい

ずっと、海岸線を進みます。

途中、松前町の道の駅で急いで海鮮冷やし茶漬けを
食べたりこりゃうまい
Dscf1303_r

今日は海を見るために作ったような草の台地を走りますね。
あんまり木がなくて独特の風景なのかな
Dscf1299_r

Dscf1305

19:00上ノ国(かみのくに)の「道の駅もんじゅ」に到着。
ここが寝床ですね。
しかし、寄り道せず100km走ったのに地図上では
全く動いてない北海道でかっ

ウロウロしているとレストランで名物らしいものが。
てっくい天丼」を食べます。ひらめの事をてっくいと
言うらしい。
Dscf1311_r
これもうまいです食うてばっかり。


24:30ごろ就寝。
Dscf1317_r

なおカブライダーのふくちゃんがゴールしたそうだ。
大変めでたい225日
Img_4763_r
↑長崎での写真
旅人の無事な帰宅は勇気付けられますね

24:30就寝

明日の予定

まったくイメージできませんが松前半島
を北上します。
当分、そんな感じ。3日ぐらいで小樽に着く?
ブログがほぼ追いついた

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

132日知内町 20090814

北海道・函館市 → 北海道・知内(しりうち)町
68km
Photo
6:30起床。北海道・函館市のライダーハウス「らいむらいと
の朝です。

車庫みたいな所で寝ていたため、ライダーの出発で起きます。
Dscf1233_r
昨日が雨でみんな停滞していたため、今日の晴れは
気合が入っている模様

わたしはというと、お昼を食べてから出発すると約束をしている
ため、のんびり

9:00風呂
函館というと、海鮮や夜景で、あまり温泉のイメージは
なかったのですが、いい温泉ですね
色が濃いです。ちょっと熱い

さて、宿に戻って準備をします。
Dscf1232_r
昨日、前輪の荷台を直したので、荷物が積みやすいです
10:30撮影大会などプチ出発式をして出発
Dscf1235_r

しかし行き先は30分ほどの「居酒屋ココ」。
同じ宿のメンバー4人とです。
500円の定食でも、ご飯が食べ放題でしかもボタンの
ご飯射出機があるのが人気
2回おかわりしました

12:30それぞれの乗り物でそれぞれの行き先へ出発
わたしは少し函館市に戻り、郵便局留めの友人からの
郵便を受け取ります
Dscf1240_r_2
お尻洗浄剤
ぴゅーっと洗浄してくれるらしい。
屋久島でこれがあったら、あんな難病に悩まずに済んだ
かもまぁ、有難く頂いておきます。
使うかな

その後、ルートは西、日本海側回りの「松前(まつまえ)
半島」です。
国道228号線。
Dscf1246_r
向かい風でしんどいです
しかし、海があって、山の緑があって風を感じてと、
久々に旅をしている気分
海の向こうに見えるのは函館の町と函館山

北斗、木古内など知らない地名ばかり
で新鮮ですが、名前から町の規模が想
像できないのは厳しいですね


函館を出て45kmぐらいの知内(しりうち)という所で
なにやら祭りをしてますね。
近くにキャンプ場もあったので、ここで泊まることにします。
知内スターヒルズキャンピングヤード」500円です。
Dscf1257_r

そのまま祭りへ。
Dscf1260_r
身内感のある和気藹々とした祭りでした。

知内は北島三郎の故郷で、祭りに来たこともあるそう。
ちなみに名物は「ホヤ」です。
Hoya1
スーパーでホタテの横に並んでるのが信じられん

で、キャンプ場で知り合ったバイクの方がビールを奢ってくれ、
出してくれたのがホヤの塩漬けです。
Dscf1266_r
食べるのは2度目ですが、なかなか勇気のいる食べ物です。
海でおぼれた時の味です
酒には合います
Dscf1265_r

Dscf1256_r
新じゃがにキュウリの浅漬けも。

日本1周チャリタケさんもまざり、3人で遅くまで飲んでました
Dscf1270
↑本当は翌朝の写真ですが。

途中で、花火があがります。
いい夜です
23:00就寝

明日の予定

地図を見てもイメージが沸きませんが
松前半島を回ります。江差ぐらいまで?
あと1日でブログ追いつく

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

131日函館2 20090813

北海道・函館市(STAY)
21km

7:30起床。
北海道・函館市のライダーハウス「らいむらいと」の朝です。
大雨ですね
Dscf1152_r
出発はなしです

宿の7割は留まる感じ
滞在したくなる町と宿です

朝はブログを打ちます
隣のベッドの人とツーリングマップル北海道⇔東北を交換
Dscf1154

10:00になって有名なハンバーガーショップ「ラッキーピエロ
に行き、ふとっちょバーガーを食べます
Dscf1156 
かなりうまいです
マクドナルドが函館中心部に出店できないのも納得。
Dscf1160_r

休暇なら、ということで自転車屋さんに行きます。
前輪の荷台のネジが折れて車体に残っているのを、抜いて
新しくして欲しいです
7kmほど走り「スピード商会」というお店。
すぐに直りますね他では1週間かかるとか言われてたのに。
Dscf1165_r
↑真ん中の荷台のネジが折れてた。
金沢あたりからアルミテープと針金で止めて走ってました。

とにかく、これで前輪のバッグにも、もう少し荷物が
積めれるようになります

その後、ユニクロでフリースなど寒さ対策を
本屋さんで登山の本を
Dscf1163_r
北海道は登山したいな~

途中やんでいたのですが、また雨が降り出し宿に
戻ります

本日は宿の函館山ツアーがあるのでのんびりし、
18:30出発。15名程度

標高334mの夜間ハイクも慣れた人が居るので安心です
見学場所も展望台の下の道で穴場的なスポットです

8月13日は夜景の日らしい。813が8k(ヤケー)に見える・・
夜には町の人の協力で、建物のライトを点けてくれるらしく、
100万ドルと言われる函館山の夜景が200万ドル
なるそう
Dscf1185_r
さらに函館港開港150周年イベントで13ヶ所から花火があがり
300万ドルになります
Dscf1201_r
夜景用に作ったんじゃないかと思うぐらい夜景をキレイに
映す町です
これは楽しい。今年だけのイベントだそうですが、毎年やるべき

帰りは教会なんかのライトアップや赤レンガ倉庫を見学。
Dscf1220_r

Dscf1209 
↑チャーミーグリーンのCMでおじいちゃんと
おばあちゃんが手をつないでいた坂らしい

あまり店は開いてなかったので、居酒屋へ。
Dscf1228_r
↑函館はイカもおいしい
宿の近くの居酒屋だったので、途中数人人が入ってきて
話をします
24:00就寝

明日の予定

走ります。久々。
日本海側、松前半島へ。
と書いてる今は松前半島左側、上ノ国町。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

130日函館 20090812

青森・青森市 → 北海道・函館市
20km

昨夜22:15のフェリーに乗船。フェリーでは1時間
ほどしか寝れませんでした

2:15に函館港に到着
ついに憧れの北海道ですが感動よりも、朝まで、
どう過ごすかが問題。

しかしフェリーターミナルを見ていると、同じフェリーで
来た人なんかが寝ています
朝まで3時間睡眠

6:30ぐらいに目覚めブログ更新など。
10:20まで、かなりやります
Dscf1110_r
大半の時間がフリーズしてたり

Dscf1114_r
10:20やっと函館に出ます。

いい天気。
北海道は旅らしい旅ができるんじゃないかと
期待しながら出発

地図がないので、看板を見てとりあえず五稜郭へ。
1時間ぐらいで到着。
Dscf1115_r
きれいな公園になってます。

人だらけ、旅人だらけ。
荷物を積んだ自転車も多すぎて、いちいち話しかけて
られません。
五稜郭タワーは800円ぐらいするので、諦めます

土方歳三の銅像なんかがあります。
Dscf1120_r

近くの「いかめし」屋に入り、いかめし、ほっき丼
を食べます。
Dscf1118_r
しかし、ここで明日から大雨の情報が。
またか

その後、五稜郭の公園の中をブラブラします。
Dscf1128_r
いい公園だなと思いながら、テントが濡れている事を
思い出します。
テントを干すと同時に本日の函館泊が決定
Dscf1133_r
14:30再出発
15:00土方歳三最期の碑なんかを見て、函館駅へ。
次々と旅人が現れますね。

市場があります。その中に海鮮丼店とすし屋がたくさん。
Dscf1141_r
朝市はほぼ終わっていますが。

新村というすし屋ですし定食を食べます。
旅行中ということでサービスしてもらいました
Dscf1144_r

本日のお宿は函館の有名なライダーハウス
らいむらいと」。1000円。安い
Dscf1147_r

ずっと一緒だった飛脚さんも3泊ほどしている筈。

ガレージにあるベッドでうとうとしてたら、宿泊客が
帰ってきます。
チャイナドレスやらメイド衣装やらを脱ぎだし、
ストリップ状態
Dscf1150_r
なんか今日は、近くでイベントがありホステス
としてみんなで出席してたそう
もちろん目の前で脱いでるのは男です。
Dscf1151_r
↑2名がコンビニで買い物中。

その後、夕食+軽飲みに参加し、22:30眠くて
ベッドに戻り就寝。

明日の予定

朝から夜まで雨模様。
もう1泊するか日本海沿いを進みます。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

知内町 20090814 NOW

今日、函館を出て、なんか祭りをやっているので寄ってみました。
 
なんか最近、毎日がまつりっぽいですが
知らない町でしたが北島三郎の故郷らしいです。与作が流れてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

128日弘前市 20090810

青森・弘前市(岩木山)
0km(登山)

6:30起床。青森・弘前市の岩木山の登山口
「大石神社」の駐車場でキャンプです。

朝は大雨ですね
二度寝です
Dscf1045_r
ギリギリの9:00ごろに雨はやみます。
濡れたテントを撤収し、9:40くらいに登山出発です

岩木山は山頂付近意外は林でほとんで展望は
ありません。
Dscf1048_r
標高300mぐらいから1625mまで、ひたすら登りです
霧がかってます。

と言ってる間に、雨がポツポツと

雨よりも、草についた露で濡れますね。
ズボンはビシャビシャ。
靴も登山靴でなく、普通の運動靴のため三合目ぐらいで
すでにドロドロのぐちゃぐちゃです。
12:50ごろには一時晴れます。山頂が見えますね
Dscf1050_r

岩がゴロゴロしている所を通り、13:40百名山の1つ
岩木山登頂

標高1625m。ほぼ4時間かかりました。
山頂の景色は、うーむ・・。津軽半島などが一望できる
そうです
あいにく濃霧
Dscf1062_r
しかし、山頂は雨がやんでいたのが救いですね。
写真をとったり、食事をしたり。
同行のタワシネコ氏は、レトルトカレーをそ
のまま食べてました

14:30ごろまでのんびりして、下山開始。
Dscf1065_r
この山は斜度があるため、下山が厳しいです。
苔のついた岩と泥で足が取られます
5コケ、100滑りぐらいしました

靴に問題があるな

17:30下山。下りも結構かかりましたね。
Dscf1067_r
弘前市に入りたかったですが、暗くなっていたので
神社の駐車場でもう1泊します
今日は氏子はバーベキューしてませんね。残念
Dscf1069_r
携帯バッテリーもなくなり、食料も底をつきそう
です

パンツまで濡れた状態で登山してたので、ばかうけせんべい
ぐらいの大きさの股ズレができました。
Dscf1070_r


明日の予定

弘前市でついに郵便の受け取り。
その後は青森市から函館をめざします。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

129日青森 20090811

青森・弘前市 → 青森・青森市
80km
Photo_2

6:30起床。青森・弘前市岩木山の登山口
「大石神社」の駐車場でキャンプです
Dscf1074_r
昨日は登山で終わってしまったので食料が、ほとんど
ありません。
パンとおにぎりを分け合い、降ってるのかやんでるのか
分からない天気の中テント撤収。
ぬれたままなので、またカビが生えそう

準備をして8:40出発

本日は弘前(ひろさき)中心部に向かいます。

ちょっと迷ったりしながら、10:00弘前市中心部に到着。
武家屋敷なんかを観光したり。
Dscf1080_r

そしてついに、10:45弘前市の郵便局?の本局に
到着します
Dscf1082_r

ここで年金手帳郵便通帳を受け取ります。
これで、身分証明ができる
すばらしい

無事に郵便局でお金を手にする事ができ、次は
充電と言うことで、2人でマクドナルドへ。
Dscf1084_r
2時間いてました
案外、マクドナルド充電は知られてない旅雑学らしい。

ここで、協力者の「タワシネコ」さんとはお別れです

もうしばらく、本州で登山や温泉めぐりをするらしい。
本当に助かりました。ありがとうございましたー

13:45弘前市を出発

前回と同じ「国道7号線」のちょっとした峠を通ります。
雨登山の翌日、なんと天気のいい事か
Dscf1086_r
北海道を思わせる空の色ですね。

16:40青森市に再び到着。
慣れたコインランドリー
慣れた風呂
Dscf1091_r
慣れたスーパーに行きます。
Dscf1100_r

キャンプ場に行くと、センチメンタルな気分になる
と近鉄さんに言われていたのですが、その通り。
写真は暗すぎですね
Dscf1096_r
3日前まで数え切れないバイクとテントがあり、自転車
1周組も15人ぐらいは居てて、だいたい10人ぐらい
の知った顔がいた所です。

ぼーっとこんな所に居てるのは1人だけ。
寂しいな~

慣れた道を通って、19:30、2度目の「津軽海峡フェリー
乗船券売り場
乗り損ね割引とかはなかった

キャンセル待ちで、だいぶと待つんじゃないか
という噂だったのですが、案外すぐに乗れます。
4200円
Dscf1102_r

食事をしたり、待合室で携帯の充電
したり、ブログを打ったり。

22:15乗船
Dscf1103_r

コンセントをGETできたのは嬉しいですが
子供が騒いでいて寝れません

寝るタイミングを逃し、2等船室では1人だけ
起きながらブログを打っている感じです。

しかし、2:15に函館について、どうするのやら。
とにかく、これで北海道だぁ


明日の予定

函館で買い物など、フラフラ。
落ち着きたいです。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

127日弘前市 20090809

青森・五所川原市 → 青森・弘前市
35km
Photo

7:30起床。五所川原市の橋の下の朝です。
Dscf1013_r
テント2張りで、仲間3人で寝ました。
結構、まわりはテントがいっぱい
出発準備をします。
20歳節約旅行の「食パン」も同居したのでテント撤収を
手伝ってもらいました。
Dscf1014_r
8日の長期の付き合いとなった「食パン」と
お別れし、9:00出発

国道を弘前(ひろさき)に向けて南下します。
途中、スーパーと道の駅に寄ります。

道の駅には違う方向に行ったはずの「食パン」
がいて、ちょっと笑わせてもらいました
Dscf1024_r

本日の行程は岩木山登山

さすがに、登山道までの道は登りです
11:45登山道に到着。
一緒に行動しているタワシネコ氏は、倍ぐらいの荷物を持つのに、
同時に到着しますね。
さすが、日本1周1年の大先輩です

登山口は大石神社です。
なにか役員の寄り合いがあるようで、おっちゃんと
話をします。
↓見せてもらった太宰治の落書き
Dscf1031_r
ちょっと登山出発は遅くなりましたが、時間は大丈夫
という話
ただ「雨が不安だ」と言われます

12:30「岩木山」に入山
大石神社を出発し、赤倉神社という所から登りますが、
1時間で雷が鳴ります。
Dscf1036_r
すぐに大雨に
撤収!!

明日に、再挑戦することにします。
さて、下山後ですが、さきほどのおっちゃんらが宴会を
しています。
神社の氏子の寄り合いの後に、ホルモンバーベキューと
ビールの様子。
「こっちこい!」と声がかかり、「いただきまーす
Dscf1037_r
みんな機嫌がよさそうで、きつい方言も笑顔で
理解したフリ
聞き取れたのは「酒井法子」という単語だけでした。

Dscf1038_r
茄子ときゅうりの浅漬けが抜群です

終盤には一緒に行動しているタワシネコ氏、泥酔
「引っ張っていけ」と言われて16:30宴会終了

駐車場でテントを立てていいと言われたので、その通りに。
なんとかタワシネコ氏をテントに入れましたが
しばらく気持ち悪そうにしていました。
どっちか言うと、わたしの役目なのに。意外
Dscf1044_r

わたしは、メルマガ送信など。
その後回復したタワシネコ氏と話をして、22:00頃就寝

明日の予定

岩木山リベンジ。
弘前市で郵便の受け取りがあります。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

126日五所川原市 20090808

青森・青森市 → 青森・五所川原市
39km
Photo

6:30起床。
青森市の臨時キャンプ場6泊目です。
Dscf0925_r
結局、ねぶた祭りの初日から最終日まで
居た事になります。
出発準備をします。
名残を惜しむのか、疲れているのか、みな準備は
のんびり。
11:00解散式ですね。付き合いの長いメンバーとも
お別れです
Dscf0927_r
きっとまた会うこともあるでしょう。
もしくは、来年ここで集合、とかもあり得るのかな?
「出発!

わたしは、出発後も3人で行動します。
五所川原市の「立佞武多(たちねぷた)」を観覧
しにいきます。

出発して、すぐにスポーツデポで「食パン」君の壊れた
カバンを再購入。
Dscf0928_r
ちなみに、「食パン」君は3食、食パンで過ごすぐらいの
ハードトラベラーなので、壊れたカバンでいいと言うの
ですが、「タワシネコ」さんが無理やり持たせてました。
Dscf0929_r
ポーチは食パン袋として活用。

14:50五所川原市に到着。
行程としては、本日はここまで。
市内をブラブラ。

ドコモで充電をしたり、ラーメンを食べたり。

19:00立佞武多(たちねぷた)が出動します。
Dscf0945_r_2
ビルから。ビルの1面が開く。
定かでないですが、ガンダムよりでかい筈。
24mぐらいあるのかな。ガンダムは18mぐらい??
完全に圧倒されます


Dscf0947_r
ちなみに15年ほど前に立佞武多が復活することになり、
商店のヒサシなんかを全部外したらしいです。


Dscf0956
24mのこんなのが練り歩きます。

お囃子や踊りも、青森ねぶた程にぎやかではないですが、
雰囲気がいいです


最後には数体の立佞武多が交差点に集結。
こんなに大きいものが、数体も動くところは、あまり
見たことがないですね。
Dscf0976_r


最後は若い子達が大盛り上がりをしていました。
Dscf1003_r

22:40近くの橋の下を寝床とします。
Dscf1010_r
祭りの日とあって、5張ぐらいテントがありますね。
川原の草むらでテントなし野宿のツワモノも。すげー
久々に宴会をせずに就寝

明日の予定

弘前市の岩木山に登る予定です。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

125日青森市 20090807

青森・青森市
8km

6:30起床。青森市の臨時キャンプ場5日目です。
8月2日からずっと居てます。

財布を無くし落ち着かないですが、生活は
ちょっとダラダラした感じですね。

朝はマクドナルドに行きますが、1つしかない
コンセント席は取られていて、他の席でパソコン
打ちます。
がすぐに、「キャンプ場の人ですか?一緒のテーブルで
コンセントを使いませんか?」との申し出
非常に有難いですね
この状況での携帯バッテリー切れなんかは命取り

ねぶた常連組の方らしいです。
かなり登山もする方のようで、結構話をしていました。
Dscf0874_r

財布をなくしたと言うと、色々案を出してくれ
大阪まで車で送る(愛知の方です)と言ってくれたり、
青森や北海道の友人に支援を求めてくれたり。
嬉しいっす

キャンプ場に戻り、本日はねぶた最終日で昼に跳ねます。
ミーティングでは、我々が参加していたねぶた(板金)が、
審査で2位だったと伝えられ、すごい!と盛り上がります。
ちなみに、全てで22組ぐらい参加している模様。
Dscf0872_r

跳ねの部門ではキャンプ場の寄せ集め軍団が行って
いるので、勢いだけで審査に挑んだ感じですね。

最終日は昼間で人は少ないですが、本気で祭りを楽しむ
人間だけが残っており、本人たちは一体感があり、非常に
跳ねやすいです。楽しかったです
昼間で写真もとりやすい
Dscf0882_r

Dscf0887_r 
やり切りました。

キャンプ場まで歩きで1時間ちょっとかかります。
足が痛い
これまた30分をかけて歩きでお風呂へ。

戻った頃にはねぶた最終日の花火が始まる時間です。

花火を眺めながら、今後の計画を立てたり、晩飯の話を
したり、仲間とのんびり。
Dscf0908_r
夕食は鍋風ラーメン、餃子
本日のメンバーは6名ですが写真とりわすれた
Dscf0923 
楽しい仲間との最後の晩餐ですね。

夜中に北海道に出発する「牛乳」君を見送りながら、
連日の疲れのため1:00頃にフラフラとテントイン

さて、明日は出発です。
皆との、お別れが寂しいですね

明日の予定

友人に付いて、五所川原市の立佞武多(たちねぷた)を観覧。
ちなみに、友人と相談し、行程は「五所川原市→岩木山→
弘前市」となりました。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

五稜郭 20090812 NOW

函館・五稜郭です。
地図もなく、ブラブラと来てしまった。
荷物乾かしたいなぁ。
晴天です。
北海道は大丈夫かと思ったのですが、明日、明後日大雨
じっとしてるかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

124日青森市 20090806

青森・青森市
38km

6:30起床。晴天です。
テントを乾かします。

フェリー乗り場に確認にいくと、「キャンセル待ち」
と言われますが、雰囲気的にはすぐに乗れそう

同じテントで生活している、chika嬢飛脚氏に報告し、
テントを撤収します。
12:30数人に挨拶して現地を出発。
Dscf0857_r
プチ出発式を行ってもらいました。
Dscf0859_r
ちょっとだけ、数キロ離れた三内遺跡という所に、
同じく今晩出発のヨッシーと行ってみたり
Dscf0860_r_2 
紅玉のアイス。
Dscf0861_r

14:30フェリー窓口に行き乗船券を買います。
問題なく買えます
その後、スーパーなどに行きフェリー待合室で
ブログを打ったり

そして、その時がやってきます。


財布がない!★
よりによってメイン財布ですフェリーで大きな金を
使った後なのでポッケに入れてました。
旅の常識なのでしょうが、身分証明になりそうな
ものがすべて1つの財布に入れていたのは大失敗

落とした、置き忘れた、パクラレタ(変な話しかけられ
方をしたんです)などの可能性はありますが、完全に
自己責任大ショック。
Dscf0865_r
空はこんなに青いのに。

急いで、警察、クレジット、銀行に連絡
親にも連絡します。

旅の上で、問題となる点は
1、現金
2、銀行・郵便カード
3、身分証明(郵便が受け取れない)
4、健康保険証(もちろん身分証明でもありますが)
特に、色々周囲に相談すると、旅行するからには健康保険証
必要だということになりました。

数日考えた上ですが、解決策として
A、まず現金は「もしもの時のため」と頂いた分が別に
保管していたので、本当にもしもの時で使わせてもら
いました。(→1解決策)

B、銀行や郵便局については、通帳が必要になります。
送ってもらう必要があります。
が、身分証明がないため郵便の受け取りができません。

一度、他の人宛に送ってもらう必要があります
友人と一緒に行動していたのが救いです。(→2解決策)

C、身分証明はないかと思っていたのですが
家に「年金手帳」が残っています。
郵便局で聞いたら大丈夫と言われたので
これも送ってもらいます。(→3解決策)

D、健康保険証は茨木市役所に確認したところ
住所に郵送でいいなら、代理の申請で再発行
できることが判明。
もちろん親の協力がいりますが、これも入手
できそうです。(→4解決策)

話は戻りますが、17:00のフェリーには乗船できず
郵便局に行ったりして、照れながらキャンプ場に
戻りました

すごく恥ずかしかった

キャンプ場に帰りたいための自作自演説が出まし
たが、そんな事もなく、本気で落ち込みます。

しかし、みんなが跳ね終えて帰ってくるので
焼肉
Dscf0868_r


明日の予定

結果としてねぶたには最終日の8日までいることに。
テントは翌日9日に撤収。
郵便が月曜日(10日)ぐらいに届くので、それまでは
郵便物を受け取ってくれるタワシネコさんと行動を決めます。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (1)

123日青森市 20090805

青森・青森市
20km

8:30起床。大雨です昼ぐらいまで降りました。
ずっとテントの中です。

昼過ぎには秋田・由利本荘市の西目の道の駅でカラ
オケに行ったメンバーの1人、自転車で300日以上旅を
している「タワシネコ氏」が訪れ、あの日の4人が揃いました

夕方には雨は止み、装備を乾かしたり。

その後は同様で「ねぶた」です。
はじめて自転車の持ち上げに成功。
Dscf0849_r
テレビがかなり来てますね。
珍百景にも出るらしい。
わたし出ないと思いますが。
Dscf0846_r

跳ねます
19:00より21:00まで。
その晩は、カレーライス、焼きそばを食べます。
Dscf0854_r
この生活の中では、多少手の込んだ料理と
言えるかも知れません。
明日はわたしを含め4人が消える筈かな
毎日のように送別会ですね
2:00就寝

あまり内容がなくてすいません。

明日の予定

明日には出発をしようと思っています
が・・次号に続く。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

122日青森市 20090804

青森・青森市
32km

6:20起床。青森・青森市の特設キャンプ場の朝
2泊目です。
Dscf0788_r
すでに生活者ですね。
特に本日は何もしてないです

朝からマクドナルドで3時間、パソコンを使います。
仲間がほかのマクドナルドだと勘違いしてて、
2軒をハシゴすることに

その後、風呂、買い物、作成した名刺の受け取り、
時計の修理代の振込みなど、結構日常生活をします。

本日のねぶたは跳ねずに、沿道から見ます
見てるのも楽しい物です。
Dscf0794_r
出発前のミーティング風景。
Dscf0800_r

「お囃子」なんかが、ちょっとした踊りもしたりして
華やか
Dscf0805_r

Dscf0808_r
ねぶたも色鮮やかで飽きません。参加
するのとは違う楽しみがあります

昨日、お酒を飲んだうちの1人が北海道に向けて出発する
というので、また大宴会をします8人ぐらいかな。
Img_7188_r
やってるうちにも、人が増えたり夜中から自転車の
メンテナンス大会が始まったり
3:00就寝

あまり内容がなくてすいません。

明日の予定

友人が訪れると言うので、もう1日青
森に居てると思います。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

121日青森2 20090803

青森・青森市
25km

4:30起床
青森・青森市の特設キャンプ場の朝です。
昨日、ねぶたのイロハを教えてくれた師匠が早く
出発するというので見送ります
Dscf0751_r
埼玉まで、道で帰って明後日からは仕事。
社会人は時間制限があるので大変だなぁ。
ありがとうございました

その後、朝からマクドナルド3時間

キャンプ場で朝のミーティングなんかもありますよ。
Dscf0756_r

少し雨がふりますね
わたしはいいけど、今日、合流する仲間は大変でしょう。

風呂に入って、コインランドリーで洗濯。
Dscf0755_r
その後もちょっと買い物でうろちょろしてたら14:30。
どうやら、仲間2人一緒に到着した模様

お馴染みの原付ライダーchika嬢と、一緒に秋田で出会った
徒歩日本1周の飛脚氏が到着。

知った人間にまた会えると嬉しいです

この2人。誰にでも話しかけるし、キャンプ場
のそこいらに知り合いが居てビビります。

急いで、スーパーに2人の衣装を買いに行き16:45
ギリギリで着替え終了。

昨日と同じくねぶた会場に移動します。
Dscf0761_r
なお後ろの自転車も同じルイガノGMTの人。

19:10花火でスタート。
昨日の雨模様とは違い、人も多く盛り上がりますね
Dscf0766_r


かなり前方へ移動。先の2人とあわせて先頭にきたり。
Dscf0772_r

Dscf0774_r
写真はブレブレですが臨場感あるかもね

ちょっと異常に盛り上がってました。
2時間、跳ね切りました

自転車でキャンプ場に戻り。酒を飲もうと言う事に
このメンバーが集ると、いつも通りバーベキューです

いつしか集団は10人ぐらいに膨れ上がります。
メンバーは20歳から、わたし34歳で最年長?
旅のスタイルもバイク、自転車、徒歩、様々です。
ほとんどが日本1周。
2:30頃まで飲んでましたね。
Dscf0787_r
こっちも異常な盛り上がりでした。

明日の予定

青森市。連泊です。
跳ねます。
函館でこれを書いてるのはスゴイな。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

フェリー 20090811

お騒がせしましたー。
無事、フェリーに乗れました。
夢の北海道(約1ヵ月遅れ)です。
明日は函館でブラブラしまーす。
 
しかし朝2時に着いてどないすんだろ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

下山 20090810

岩木山登頂、下山しました。
雨っす。

遅くなったので同じ神社で泊まります。
町に出たい!
FOMAバッテリーも切れちゃった

明日は晴れ?
弘前にいって、八甲田に行くかも。

| | コメント (0)

入山届 20090810

岩木山リベンジ。
行ってきまーす。バッテリーが残ってたら、下山報告します。
 
その後、弘前、青森、フェリーで函館の日程。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岩木山再登山口 20090809

下山というか、雨と雷で勇気ある撤退。
 
明日リベンジヽ(^^)
 
地元の氏子の集まりに参加しました。会話の9割わからず
でも楽しかった〜。
 
ミズコシ氏は自分の家のように飲み、自分の家のように飲み過ぎちゃったみたい
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岩木山入山 20090809

岩木山のぼってきます。
 
登山届けを出すところがないので、入山届がわりにブログ更新!
仲間のミズコシさんと2人です。
 
また下山報告しまーす。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五所川原 20090808

ややこしい事を書きましたが、なんとか大丈夫になりそうで現在、五所川原市です。
 
立ね武多(たちねぷた)出動。
完全にガンダムの格納庫です。
すげー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだ青森 20090807

ちょっとややこしい事態になって、もう2日ほど青森に居てます。

いやー自己嫌悪中ですね。

今はトラブル解決策を考え中ですね。

いつか報告しますんで、叱ってやって下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

120日青森市 20090802

秋田・弘前市 → 秋田・青森市
65km
Photo


5:30起床。青森・弘前市の道の駅「ひろさき」の朝です。
自動車は50台ぐらいは止まってますね。
車中泊組がかなりいるようです。

5:50出発。まずは10kmほど「弘前市」で昨日のねぷた
の場所の朝の様子をチェック。
そのままマクドナルドへ。

久々にバッテリー機器が息を吹き返します。
ブログ更新
本日は、ほとんど走る気もなく、ブログの遅れも
あったので、3時間近くいてました。

その後、「国道7号線」を青森市に向かいます。
Dscf0741
↑どんより奥は八甲田山系かな

かなりな向かい風で、ちょっと峠もあったので、
苦労しました

めちゃめちゃ寒いです。長ズボンが要る

14:00ごろ青森市に到着。
思ったより時間がかかりました。
キャンプ場を探します。
石川県を通ったときに、ねぶたの期間中はサマー
キャンプ場
ができるという情報を聞いていたので。
ちょっと行き過ぎてて、フェリー乗り場横にある様子。
Dscf0747_r
到着しても、右も左もわからないので、近くの人に
聞きますが、無料のよう
広いです。
バイクは200台はいるかな。自転車も30台ぐらいは
居てると思います。
日本1周チャリも少なくとも10台は居る。

運よく、毎年のように来ているという方が居てて、
すべてその方に聞きました。
衣装の買い方、着方、跳ね方。
キャンプ場の隣の「マエダストア」というスーパーで
セットが売ってます。3500円。
Dscf0745_r
訳も分からず、16:45キャンプ場内で集会が開かれます。
ただ寝るだけのキャンプ場ではなく、仲間になって
同じねぶたの前で跳ねるそう。

行き先と注意事項を聞きます。
Cid_01090803_071903_____f704idocomo 
どうやら、「青森県板金工業組合」のご好意で、そこが
出してる「ねぶた」に付いて踊っていいよ、という事
らしい。

全員で移動。変な光景
Cid_02090803_071918_____f704idocomo
橋では自転車を持ち上げバイク組が
通るのを見送ります。

待つこと1時間半。雨です
19:10花火があがり、ねぶた祭り一斉にスタート。
「ラッセラー、ラッセラー

訳も分からず、真似て跳ねて、声をだして。
約2時間跳ねます。沿道からは手を振
ってもらえます

写真とれません。
雰囲気だけ伝わるかな?熱いです。
Cid_01090803_065847_____f704idocomo
最後はみんな歩いてますが・・。

ダレるのは好きじゃなかったですね。
汗びっしょりで終了
結構、真面目にやり切りました
雨はあがりました

自転車でキャンプ場に戻り、スーパーでご飯を買います。
お酒に誘われたんですが、野宿の疲れからか、
バタンキュー

ビール、飲みたかった~。

明日の予定

青森市。連泊です。
跳ねます。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

119日弘前市 20090801

秋田・深浦町 → 秋田・弘前市
107km
Photo_2

4:30起床。青森・深浦町の行合崎キャンプ場」
の朝です。
きれいな所です。
Dscf0631_r
ブログを打ったり、パソコンをいじったり

朝露がすごいので、念入りにテントと荷物を干します
同じキャンプ場の大グループは朝食です。
Dscf0632_r
酒を飲んでますね
楽しそうだなぁ、と思いながら爪を切っていたら、
女の人が歩いてきて、「ひっつみ」という八戸の方の
郷土料理をもらいました
Dscf0640_r
うまい味付け最高。

で、皿を返しに行ったつもりが「まだ食えるかい?」
いやいや申し訳ないです(内心:嬉しいぃ)」

宴会乱入(わたしはノンアルコール)。
青森の各地の5家族ぐらいの様子。毎年このキャンプ場で
集るそう。

色々、地元情報を聞きます。ねぶたについても。
そこでの決定事項として、本日の行程は五所川原の
立佞武多(たちねぷた)を見て、弘前の「ねぷた」に行く。
そして明日、2日に青森のねぶたで跳ねて来い
という指令です。
さざえを3つも貰ったら、従わざる得ませんねぇ
Dscf0642_r
ちなみに「雨を降らせてるのは、お前だろう」と魔女裁判にも
かけられましたが・・否定しきれない
Dscf0644_r
1時間以上楽しくしゃべってましたか。
記念撮影をして、9:00お礼を言ってお別れ、出発です

「国道101号線」です。多少アップダウンがありますが、
海岸線の道で快適です
途中「千畳敷」という所を通ります。
よく聞く名前ですね。似た観光地ばっかだな。
一体、日本に「千畳敷」とか、「夫婦岩」とか、「来来軒」とか
どのぐらいあるんだろう

ちょっと曇ってますが、右手には岩木山(多分)。
Dscf0663_r 


12:30鯵ヶ沢(あじがさわ)町で昼食。
こっから津軽半島の下を内陸に入るのですが、
意外と平坦で走りやすいです
りんご畑が見えたり。
15:00五所川原市に到着し、立佞武多(たちねぷた)
を見学。
ここの祭りは8月4日からですね。
でかい。
Dscf0671_r
4階建てビルと同じ高さです
ねぶたの高さでは一番でかいんじゃないかな。


Dscf0682_r
分かりにくいけど、手前から弘前風、青森風
五所川原風のねぷたの模型。

一部のマニアに人気な?羽柴秀吉ビル。
Dscf0687_r

弘前のねぷたに向かい南下です。
ここは本日(1日)が初日です
途中雨がポツポツ
本日はずっと岩木山を見ながら走ってますね
Dscf0692_r
登りたいが、時間と装備が・・。

18:30弘前(ひろさき)に到着。
人で賑わってますが、ねぷたが広範囲を練り歩く
のもあって、思ったほど混雑はしてないです。

天神祭を考えれば全然人は少ない
茨木フェスティバルも負けてないな
Dscf0711_r
五所川原で大型の佞武多を見た後なので少々ものたりない
ですが、数がすごいです。
Dscf0729_r
しかし、20:00大雨でみんな逃げるように帰っていきます。
朝の魔女裁判を思い出します
Dscf0724_r
わたしは傘をさして、ほぼ最後まで見ていました

さて、寝る場所がないです。
市内で探そうと思ってましたが、雨と祭りで、
そんな雰囲気ではないですね
ホテルも一杯だろうし。インターネットカフェも
待ちが出ている様子

遅いですが、10km以上はなれた道の
駅「ひろさき」へ。
夜なので、気をつけながら、ゆっくり
ゆっくりと走りました
Dscf0735_r
ベンチでバタンキュー。

明日の予定

青森市。
ねぶたへ。跳ねます。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

118日深浦町 20090731

秋田・深浦町 → 秋田・深浦町
43km
Photo

4:30起床。周りのテントはほとんど起きてますね。
早いなぁ
Dscf0519_r
青森・深浦町、「十二湖リフレッシュ村」という
キャンプ場の朝です。
朝露がすごいですね。
テントがたたみにくい

7:30キャンプ場を後にしますが、「十二湖」の目玉である
青池リベンジ。
朝一はこんな感じ。
Dscf0520_r
先に30分ほど居てるという青森のやわらかクリエーターぴこ
たんぐ
さんが、「どんどん色が変わるので、しばらく居てた
方がいい」と言います。

映像に関してはプロらしく、カメラの使い方を
教えてもらったり

途中から神秘的です。
朝もやの演出も
Dscf0550_r
最後には影絵の世界ですね。

プロの腕前はこれ
青池 朝 ※この写真はイメージ写真です。photo by(C)ぴこたんぐ
Test1839
さっすがでしょう

ちなみに、「みらいみず」という童話+ネイチャーな雰囲気
のHPを作ってらっしゃいます。
http://www.miraimizu.jp/
http://www.pikotang.sakura.tv/inspi/index.html

今、日本(地球)が悲鳴を上げている。みず、もり、そらを題材に、未来を担う3才児~20才へのメッセージを、作者なりの視点で気持ちを伝える【絵本・童話3世代ストーリー】

頭の中が、わたしなんかより、かなり先に進んでますね
色々とありがとうございましたー


1時間以上話しながら、池を眺めていました。
8:50出発十二湖の下りはかなりきつく、ブレーキが
磨り減るのを感じるようです

快晴です
Dscf0570_r
思ったより時間がかかり10:00「白神岳」の登山口
に到着。
すでに汗だく。
Dscf0571_r
片道3時間半のコースです。10:50登山開始
急がなきゃ

白神山地なので、もちろんブナ林の中を歩きます。
Dscf0580_r
思ったより斜度はきつい
林とあってあまり展望は開けないですね

12:30中間地点のマテ山に到着します。

ここで、東京・青梅市から来たご夫婦に会います。
Dscf0583_r

東北で5つぐらい登山したそう。
話をしていて土産物のチーズケーキやパイしかないと
言うとパンをくれました
Dscf0584_r
ありがとうございます
即食い

9割方のぼった所で、急に展望が開けます。
白神山地の山々を一望ですね。岩木山(多分)も。
↓奥でうっすら見えてるやつ。見えないかな・・
Dscf0593_r
本当にブナが多いのでしょう。どの山も同じ緑色です。
Dscf0599_r
2:10「白神岳」山頂到着

気持ちいい。360度の展望ですね
しばらく1人だったので山頂1人占めです。
Dscf0589


下山も急ぎます
途中、おっちゃんが落とした虫除けのベールを拾って
届けたり。
昼にパンをもらったご恩を、ほかで返した形と都合よく解釈

16:30下山。やばい時間
足洗い場で体まで洗い、17:00出発しますが、これも
下りがひどく恐かったです。

というかまたしてもブレーキが効いてませんね。
調整します
「国道101号線」を北上しますが、思ってたより険しい。

道の駅ふかうらに行こうと思ってたのですが、厳しく、深浦町の
行合崎キャンプ場」に電話します。
「泊まっていいですか?」
「いいんじゃないですか」という返事。
なんかはっきりしない東北風なのかな?


日も暮れ、道も不安でしたが到着してみると、
賑やかな声が聞こえます海沿いでいい感じ
Dscf0627_r
びしょ濡れテントには、どうやらカビがはえてますね・・。
ちょっと寂しくレトルトカレーを食べて何も出来ずに
就寝。
Dscf0623_r_3
藍で目覚め、茜色にて休みけり。

明日の予定

青森市?
ねぶた前夜祭?

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (2)

青森 20090802

ねぶたです。跳ねます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

117日能代市 20090730

秋田・能代市 → 青森・深浦町
63km
Photo

5:00起床。秋田・能代(のしろ)のビジネス
ホテルの朝です。
4800円しましたが、無線LANが使えるホテル
は久々です
Dscf0430_r_2
遅れているパソコンの作業に時間を費やし10:00まで
いてました。2日分更新と、2日分の下書き

10:00出発。朝まで雨が降っていたようですね
濡れたままのものも多いです

出発して100メートルほどで目の前をchika嬢
通ります
Dscf0434_r
ホテル名とか知らん筈なのに。発信機がつけられ
てるとしか思えない
どうやら先に進んだが、ライトが切れて、ガソリンスタンド
なんかにはなかったので、能代市のホームセンターで
買った所だそう。

工具がないようなので、ライト交換を手伝います
お礼にと、ホームセンターまで走ってくれ、イワタニの
ガスカートリッジを買って来てもらいました
ありがとう感謝してるよ。

お別れして、わたしは長ズボンを探しますが、
いいものが売ってません穴あきで登山か。

12:00少し行った道の駅「みねはま」に到着し、本日のプラン
ニング。遅いっすね

夢の白神山地ですが、情報が少ないです。
本日は昨日までが嘘のような快晴
そこに本家世界遺産の山があるなら、登らない訳に
いかないですね

「国道101号線」を海岸線に北上。
右は白神の山々、左は海、青空に雲がうかんでいます。
Dscf0445

Dscf0450_r
天国気分です。

Dscf0440_r
白神山地バックの五能線くたばれ佐々木

14:00国道を2kmほど山側に入り「ぶなっこランド
という所に到着。
水を用意して、二ツ森山の登山届けを提出します

そこの係りの方が衝撃的な発言が
二ツ森コースは道が決壊していて登れません
雨の呪縛から逃れたと思ったのに、まだ雨に苦しめ
られます
Dscf0453_r
秋田側の3つの登山ルートはすべてだめらしい
青森側からなら行けるかも、ということ。

Dscf0454_r
5分で提出される下山届け。

仕方なく、科学館で白神山地について勉強します。
手付かずのブナの原生林というのが珍しいらしいですね。
未知の生物の存在や、DNAレベルでも純粋なブナや
動植物がいるというので保護をするそう。

世界遺産というのは保護する為のもので、決して観光地化を
促す為のものではないと。

ちなみに秋田の経済状況はどん底だと言われます。
林業が中心だが、植えられた秋田杉もかなりが野放しに
なっている、とか。

15:00ごろまで近くの「三十窯」という所を見学
これもなかなか神秘的な渓谷です。
Dscf0465_r
雨の影響で水量が多く度迫力

帰りに熊除けカウベルを買おうとしますが
最近は熊も登山者が食料を持ってることを
知ってるため逆効果だそう。知らなんだ
今は熊除けの、ねずみ花火だそうです。売ってるかな?

そのまま「国道101号線」を北上
Dscf0479_r
休憩しつつ16:30にはついに青森県に入ります。
Dscf0485_r
しかし、食料が手に入りませんね

でも閉店間際の土産屋でねずみ花火GET
食べ物がないのに花火が手に入るっておかしくない?
熊に会うってことかな?

17:30男鹿半島の入道崎でフランス人マチュ
教えてもらった深浦町の「十二湖」方面へ折れます。
Dscf0494_r


最後はすっごい登りで18:00到着
十二湖リフレッシュ村というキャンプ場です。
1200円。
Dscf0512_r

到着後も徒歩でウロウロして、結局4kmほど歩きましたが
食料や地図が手に入らないですね
土産物のチーズケーキやパイのみ。

神秘的という「青池」、夕方でどんより。
Dscf0506_r


明日は食料を節約しながら、唯一通れるルートで、
白神岳を目指します

明日の予定

「青池リベンジ。白神山地リベンジ」
と書いてる今は弘前のマクドで3時間。電源GET!
青森に行きますが休暇チックです。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (3)

弘前 20090801

青森に先立って弘前市のねぷたです。
子供会の作ったやつでもこのレベル。
しかし今日は子供のやつだけなんかな?
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

116日能代市 20090729

秋田・男鹿市 → 秋田・能代市
66km
Photo

5:30起床。秋田・男鹿(おが)市、男鹿半島
の先っちょ、入道崎の朝です
Dscf0354_r
原付chika嬢、インテリライダーryuu、徒歩フランス人
マチュが一緒
Dscf0362_r
朝も撮影大会やら、サインの交換やら。
8:00ぐらいまで話してましたね。
Dscf0358_r

Dscf0357_r

北海道に近づいてるからか旅人と会うのが多いです。

時間は制限されますが、色んな方がいて楽しいです
8:00それぞれの道へ出発
Dscf0364_r

Dscf0366_r_2

Dscf0365_r 


しかし雨がパラパラ。
30分ほど進んで、お店を発見し、弁当を食べます

9:30ちょっと内陸に入り「なまはげ館」に到着。
さっそくなまはげの衣装に着替えます。
Dscf0379_r
だれかわかんないね

隣には「男鹿真山伝承館」もあり大晦日に
なまはげが家にやってる来る様子を実演。

遊園地のオバケ屋敷なんかより、はるかに秀逸。
おぉ、恐い(>_<)
Dscf0389
でも案外、礼儀正しい所もあったり面白いです
大晦日に、この辺りのお家にお邪魔したら絶対楽しい。

地元の人に聞いたら、この辺には60ぐらいの集落があり、
ちゃんとほとんどの家に回っているそう。

でも60ぐらいの集落で、なまはげ役が10人以上
いる訳だから、かなりな確率で隣のお兄ちゃん

子供が泣き叫ぶ映像とか、かわいそうだけど
大爆笑でしたよ

Dscf0391_r
なまはげの落とした藁は無病息災のご利益。
チャリつけます。

真山神社も参拝し、男鹿半島を抜けるべく北上します。
寒風山という所にも行きたかったですが雲行きが
あやしいのでパス

しかし、男鹿半島は「しんたま世界遺産」認定
自然や心のふれあいを感じる、いい所でした

その後は北上です。
少し走ると大雨です(>_<)
13:00ごろ、カレーを食べてブログを打ったり
ネットで雨の様子をチェックしますが、ひどそうです。

Dscf0408_r
八郎潟を干拓した、大潟という田園地帯。

メロンロードから「国道101号線」に入り、15:20能代
(のしろ)市に入ります。が雨男としての実力を発揮
Dscf0420_r
あぶないですが、市街まで無理やり進みます。
バッテリーもないし、ホテル泊にしましょう。

今までで、一番ぬれましたね

16:40能代市市街地に到着。
Basuke
能代市はバスケットの町らしい。

あまり、ホテルを探す気にもなれず、テンションの
低下もあったので、ちょっと贅沢に4800円の
ビジネスホテルへ
Dscf0425_r
無線LANが使えたので、遅れている
ブログ更新に時間を割きます。
さすが、かなり気分よく寝れます。
Dscf0426_r

明日の予定

海岸を北上し、白神山地へ。
と書いてる今は、白神岳の登山を終え
北浦町、あすはねぶた祭りですね。

はじめての方、ブログ紹介→infoクリック(携帯不可)

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »